Cherry赤軸/青軸採用のエルゴノミックキーボード「TECK209D」&「TECK209E」がTruly Ergonomicから!

アキバ総研 | 2014年03月12日 14:17
Cherry赤軸/青軸採用のエルゴノミックキーボード「TECK209D」&「TECK209E」がTruly Ergonomicから!

キーボードの中央にEnterキーやBackSpaceキーを搭載した、エルゴノミックキーボード「Truly Ergonomic Mechanical Keyboard」が、Truly Ergonomicから発売となった。

ラインアップは、Cherry赤軸モデル「TECK209D」とCherry青軸モデル「TECK209E」の2モデル。




基本的なキー配列は一般的なQWERTY配列だが、キーボードの中央にEnterキーやBackSpaceキーを搭載することで、“手首を真っ直ぐに置いてタイピングできるのが特徴の英語キーボード。また、テンキーレスのため、「マウスを使う際に肩や腕を大きく動かす必要がなく、体への負担を最小限に抑えることができる」(メーカー)とのこと。

主な仕様は、本体サイズが
333(幅)×238(奥行き)×35(高さ)mmで、重量が1.2kg。接続インターフェイスはUSB。ケーブル長が1.8m。キーピッチは19mmで、キーストロークが4mmとなっている。また、本体背面にはDIPスイッチを備えており、キーの入れ変えや、日本語キーボードへ切替えも可能だ。


価格は、パソコンハウス東映で各22,800円。

画像一覧

  • Cherry赤軸/青軸採用のエルゴノミックキーボード「TECK209D」&「TECK209E」がTruly Ergonomicから!

  • Cherry赤軸/青軸採用のエルゴノミックキーボード「TECK209D」&「TECK209E」がTruly Ergonomicから!

  • Cherry赤軸/青軸採用のエルゴノミックキーボード「TECK209D」&「TECK209E」がTruly Ergonomicから!