大型ヒートシンク採用のファンレス版Radeon R7 250搭載カードがSAPPHIREから発売に! Cape Verdeコア採用品?

アキバ総研 | 2014年03月06日 20:14
大型ヒートシンク採用のファンレス版Radeon R7 250搭載カードがSAPPHIREから発売に! Cape Verdeコア採用品?

Raden R7 250搭載カード初のファンレスモデル「ULTIMATE R7 250 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP」が、SAPPHIREから発売された。



「ULTIMATE R7 250 1G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DP」は、2スロット占有タイプの大型ヒートシンクを備えたファンレス仕様が特徴のRaden R7 250搭載カード。採用コアは「Cape Verde(SP数512/コア800MHz)で、従来のOland(SP数384/コア1050MHz)とは異なる」(パソコンショップアーク)という。

主な仕様は、搭載メモリーがGDDR5 1GB、メモリーデーターレートが4.5Gbps(クロック1125MHz)。モニタ出力端子は、DisplayPort、HDMI、DVI-I。ちなみに、「Kaveri APUとのDualGraphicsには利用出来ないモデル」(パソコンショップアーク)とされている。

価格は、パソコンショップアークで15,480円(売り切れ)。

画像一覧

  • 大型ヒートシンク採用のファンレス版Radeon R7 250搭載カードがSAPPHIREから発売に! Cape Verdeコア採用品?

  • 大型ヒートシンク採用のファンレス版Radeon R7 250搭載カードがSAPPHIREから発売に! Cape Verdeコア採用品?

関連リンク