Wi-Fi対応のHDDクレードルLogilink「LogiCloud WiFi Docking」が登場!

アキバ総研 | 2014年02月14日 19:31
Wi-Fi対応のHDDクレードルLogilink「LogiCloud WiFi Docking」が登場!

最大5台のデバイスからアクセスできるWi-Fi対応のHDD/SSDクレードル「LogiCloud WiFi Docking」(型番:UA0176)が、Logilinkから発売となった。




「LogiCloud WiFi Docking」は、ベアドライブをそのまま接続可能なHDD/SSDクレードル。USB3.0接続に加えてIEEE 802.11b/g/nに対応しており、iOS/Android向けの専用アプリ「LogiCloud」を利用することで、タブレットやスマートフォンからデータのアクセスやマルチメディアファイルの再生が可能だ。さらに、Universal Plug and Play(UPnP)準拠のTVやゲーム機にも対応しており、手持ちのHDDやSSDを手軽にパーソナルクラウドとして利用することができる。

主な仕様は、接続インターフェイスがUSB 3.0、IEEE 802.11b/g/n。無線LANの転送速度は最大150Mbpsで、同時接続台数は5台。セキュリティはWEP/WPA/WPA2に対応。対応フォーマット形式がFAT/FAT32/NTFS/HFS+/EXFAT。対応OSはWindows 8/7/Vista/XP、Mac OS X 10.5以降、iOS4.0以降、Android 3.0以降となっている。

価格は、東映ランドとパソコンハウス東映で7,980円。

画像一覧

  • Wi-Fi対応のHDDクレードルLogilink「LogiCloud WiFi Docking」が登場!

  • Wi-Fi対応のHDDクレードルLogilink「LogiCloud WiFi Docking」が登場!

  • Wi-Fi対応のHDDクレードルLogilink「LogiCloud WiFi Docking」が登場!

  • Wi-Fi対応のHDDクレードルLogilink「LogiCloud WiFi Docking」が登場!

  • Wi-Fi対応のHDDクレードルLogilink「LogiCloud WiFi Docking」が登場!

関連リンク