週刊アキバメシ(+ノガミ酒) 2014年1月第5週号 :秋葉原のグルメ/食事処情報(+上野の酒場情報)

アキバ総研 | 2014年02月05日 20:08
週刊アキバメシ(+ノガミ酒) 2014年1月第5週号 :秋葉原のグルメ/食事処情報(+上野の酒場情報)

■塩煮干しそば(平打ち麺)+ランチライス@饗 くろき(※"き"の正式表記は3つの"七"で構成された"喜"の旧字)







800円+50円。

秋葉原と浅草橋の中間あたりにある人気ラーメン屋。秋葉原の名店として名高い「粋な一生」「神田 磯野」に勝るとも劣らないクオリティのラーメン(塩/みそ)を提供している。前述の両店とあわせて"御三家"と呼びたい。また、化学調味料不使用/自家製麺をうたっており、さまざまな旬の食材をテーマにした期間限定メニューが多いのも特徴。

 

「塩煮干しそば」という新メニューが登場したと聞いたので訪問。まず、「塩煮干しそば」は、通常の塩そばと同様に麺を細麺と平打ち麺から選択可能。筆者は太麺好きなので、ここは平打ち一択。スープは、魚介ベース。黄金色の塩そばスープと比べると少しだけ白濁しており、魚介のダシとともに煮干しの芳醇な香りが楽しめる。しかしながら、煮干し系ラーメンによくあるエグみは皆無。煮干しの風味は強すぎず弱すぎずの絶妙なバランスとなっていて食べやすい。平打ち麺は、塩そばと同じで、ストレートに近い自家製麺。ツルシコ食感と小麦の風味が楽しめる。のど越しも抜群。

具は、低温仕上げチャーシュー、メンマ、ノリ、タマネギ、ワケギ、焦がしネギ、煮干し。チャーシューは、塩そばのチャーシューとは違った味付けで、わずかにスパイシーさもあった。また、ネギ系の具が多く、さわやかさとシャキシャキ食感がスープのアクセントとしてよく機能している。卓上装備は、コショウ、乾燥梅干し、やげん堀の七味、香辛オイルなど。


全体量は普通で、コストパフォーマンスは平均レベル。一方、味は文句ナシ。塩ラーメン好きはもちろん、煮干し系が好きな人はも要チェックだろう。また、煮干しのエグみが苦手という人も安心しておいしく食べられる1杯に仕上がっている。なお、年末年始に既存メニューの大幅改良があったようで、塩系が100円(ノーマル750円→850円)、みそ系が50円(ノーマル750円→800円)ほど値上がり。ヘヴィユーザーにとっては少なからず痛手ではあると思うが、それでもド安定の旨さを考えたら仕方ないと妥協できる。そして、値上げしたからといって並ぶ人が大きく減ることはないと思われる。

画像一覧

  • 週刊アキバメシ(+ノガミ酒) 2014年1月第5週号 :秋葉原のグルメ/食事処情報(+上野の酒場情報)

  • 週刊アキバメシ(+ノガミ酒) 2014年1月第5週号 :秋葉原のグルメ/食事処情報(+上野の酒場情報)

  • 週刊アキバメシ(+ノガミ酒) 2014年1月第5週号 :秋葉原のグルメ/食事処情報(+上野の酒場情報)

  • 週刊アキバメシ(+ノガミ酒) 2014年1月第5週号 :秋葉原のグルメ/食事処情報(+上野の酒場情報)

  • 週刊アキバメシ(+ノガミ酒) 2014年1月第5週号 :秋葉原のグルメ/食事処情報(+上野の酒場情報)

  • 週刊アキバメシ(+ノガミ酒) 2014年1月第5週号 :秋葉原のグルメ/食事処情報(+上野の酒場情報)

  • 週刊アキバメシ(+ノガミ酒) 2014年1月第5週号 :秋葉原のグルメ/食事処情報(+上野の酒場情報)

  • 週刊アキバメシ(+ノガミ酒) 2014年1月第5週号 :秋葉原のグルメ/食事処情報(+上野の酒場情報)

2018 夏アニメ 2018 春アニメ 2018 秋アニメ