2014年1月20日から1月26日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

アキバ総研 | 2014年01月27日 17:21
2014年1月20日から1月26日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

OCZ「VTR150-25SAT3-480G」
56,980円:パソコンショップアーク
57,800円:ツクモeX.パソコン館

OCZ「VTR150-25SAT3-240G」
27,800円:ツクモeX.パソコン館
27,980円:パソコンショップアーク

コントローラーにIndilinxとPLX Technologyチームが中心となって開発した「Barefoot 3 M00」、NANDフラッシュに19nmプロセスの東芝製MLCを採用しているのが特徴のSATA 6Gbps対応の7mm厚2.5インチSSD。また、独自のNANDマネジメントによって耐久性が向上しており、「約5年間使用し続けた場合の耐久性の目安は50GB/日で、従来製品よりも2.5倍高い」(代理店アスク)とのこと。

シーケンシャル転送速度は、リード時550MB/s、ライト時530MB/s。4Kランダム性能は、リード時100,000IOPS(480GB)/90,000IOPS(240GB)、ライト時95,000IOPS。


なお、今回発売された480GBモデル「VTR150-25SAT3-480G」と240GBモデル「VTR150-25SAT3-240G」のほか、120GBモデル「VTR150-25SAT3-120G」もラインアップされている。

【関連記事】
OCZから新型の2.5インチSSD「Vector 150」発売! 東芝製MLC、Barefoot 3 M00コントローラー採用

画像一覧

  • 2014年1月20日から1月26日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

「マジンガーZ/INFINITY」プレゼントキャンペーン 2018 夏アニメ 2018 春アニメ 2018 冬アニメ
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 「マジンガーZ/INFINITY」プレゼントキャンペーン
  • 2018 夏アニメ
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ