森田修平「九十九」、米アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネート! 日本人監督作品としては5年ぶり

アキバ総研 | 2014年01月17日 10:47
森田修平「九十九」、米アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネート! 日本人監督作品としては5年ぶり

短編アニメ「九十九」が第86回米国アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネート作品として選出されたことがわかった。

 

 


「九十九」(英語タイトル:「POSSESSIONS」)は、2013年7月に公開されたオムニバスアニメ映画「SHORT PEACE」の一編。OVA「FREEDOM」などで知られる森田修平さんが監督を務めた14分の短編アニメで、18世紀の日本を舞台に「ものに魂が宿る」というテーマのもと、1人の男とモノノケたちの交流を描いている。また、日本画的な表現と3DCGを融合させた斬新な映像美も大きな特徴といえる。


今回、第86回米国アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネートされたことが明らかに。日本人監督作品の同部門ノミネートは、第81回(2008年)で最優秀賞を受賞した「つみきのいえ」(監督:加藤久仁)以来、5年ぶり。ちなみに、「SHORT PEACE」は、2012年アヌシー国際アニメーション映画祭ショートフィルム部門に選出され、第16回文化庁メディア芸術祭でもアニメーション部門の推薦作品に選定されるなど、すでに国内外で高く評価されている。

なお、長編アニメーション部門では、ジブリ作品「風立ちぬ」がノミネートされている。同作の監督を務めた宮崎駿さんとしては、最優秀賞を受賞した「千と千尋の神隠し」と「ハウルの動く城」以来、3度目のノミネート。各賞が発表される授賞式は、3月3日に米ハリウッドで行われる。

 


・森田修平コメント
『九十九』は"自分らしい作品とは何か?"と、ここ数年迷い考えた末、やっと素直に描けたと実感した作品です。日本では、この様なショートの作品はなかなか陽の目を見ることが難しく、制作も困難な状況の中、こうしてノミネートされ注目を浴びることができ、一人でも多くの方に見てもらえる事を嬉しく思います。


画像一覧

  • 森田修平「九十九」、米アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネート! 日本人監督作品としては5年ぶり

  • 森田修平「九十九」、米アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネート! 日本人監督作品としては5年ぶり

  • 森田修平「九十九」、米アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネート! 日本人監督作品としては5年ぶり

  • 森田修平「九十九」、米アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネート! 日本人監督作品としては5年ぶり

  • 森田修平「九十九」、米アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネート! 日本人監督作品としては5年ぶり

関連作品

SHORT PEACE

SHORT PEACE

上映開始日: 2013年7月20日   制作会社: サンライズ
キャスト: 春名風花、早見沙織、森田成一、山寺宏一、悠木碧、草尾毅、田村睦心、浪川大輔、二又一成、壇臣幸、牛山茂、大塚明夫、置鮎龍太郎
(C) SHORT PEACE COMMITTEE

関連ニュース

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 「モンスターストライク THE MOVIE」特集
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)