2013年12月16日から12月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

アキバ総研 | 2013年12月25日 20:12
2013年12月16日から12月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

2013年12月16日から12月22日までに秋葉原で見つけた主なPCパーツをまとめてご紹介。



DDR3-1600 SO-DIMM 2GB
1,980円:パソコンハウス東映



メモリチップにサンタのイラストと「メリー久リスマス!!」というメッセージがプリントされた、クリスマス仕様のメモリが東映ランドとパソコンハウス東映にて販売中だ。

同店で販売されているのは、2008年前後にPCパーツショップで販売されていたクリスマスやバレンタイン仕様の“季節ものメモリ”と同様に、メモリチップにイラストやメッセージがプリントされているもの。

今回入荷したメモリは、容量2GBのDDR3 1600対応SO-DIMMで、2008年に発売されていたメモリと同様に、サンタのイラストと「メリー久リスマス!!」というメッセージがプリントされている。

なお、同店によると「クリスマス仕様のSO-DIMMを発注したわけではなく、通常のメモリを発注したらこのメモリが入荷した」とのことなので、次回の入荷は未定とのこと。

画像一覧

  • 2013年12月16日から12月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年12月16日から12月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ