フロント扉採用の静音ケースがNANOXIAから! 「Deep Silence 4」発売

アキバ総研 | 2013年12月21日 11:17
フロント扉採用の静音ケースがNANOXIAから! 「Deep Silence 4」発売

静音設計が特徴のMicroATX対応タワーケース「Deep Silence 4」がNANOXIAから発売された。



「Deep Silence 4」は、前面パネル、両サイドパネル、天板に静音シートが装着されたマイクロタワー型PCケース。扉式のフロントパネルで、コネクタ類がないスッキリとした見た目もポイントだ。

ベイ数は、5インチ×2、3.5/2.5インチシャドウ×6、2.5インチシャドウ×1。拡張スロットは4段。搭載ファンは、前面に140mm×1基、背面に120mm×1基。そのほかオプションとして、上部に120mmもしくは140mmファンが1基取り付けられる。I/Oは、USB 3.0×2、USB 2.0×1、AUDIO IN/OUTを前面上側に配置する。

対応フォームファクタはMicroATX/Miini-ITX。本体サイズは200(幅)×380(高さ)×480(奥行き)㎜。カラーはブラックとホワイト。

価格は、ツクモeX.パソコン館とドスパラパーツ館で12,800円。

画像一覧

  • フロント扉採用の静音ケースがNANOXIAから! 「Deep Silence 4」発売

  • フロント扉採用の静音ケースがNANOXIAから! 「Deep Silence 4」発売

  • フロント扉採用の静音ケースがNANOXIAから! 「Deep Silence 4」発売