2013年12月9日から12月15日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

アキバ総研 | 2013年12月17日 19:11
2013年12月9日から12月15日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

2013年12月9日から12月15日までに秋葉原で見つけた主なPCパーツをまとめてご紹介。



SilverStone「SST-ML06B」
7,980円:ソフマップ秋葉原リユース総合館、パソコンハウス東映



容量7リットルの小型ケース「SST-ML06B」がSilverStoneから発売された。

「SST-ML06B」は、リビング向けの横置きケース。フロントパネルにヘアライン仕上げのアルミを採用している。用途に応じて、スリム型光学ドライブ、3.5インチHDD、2.5インチストレージ×2台、冷却ファンのいずれかを搭載できる「4-in-1ブラケット」を装備するほか、2.5インチストレージを4基搭載できるディスクケージも備えている。

ベイ数は、3.5インチシャドウ×1(4-in-1ブラケット、排他仕様)、2.5インチシャドウ×6(内2基は4-in-1ブラケット、他ディスクケージ)。フロントI/Oは、USB 3.0×2、AUDIO IN/OUT。拡張カードスロット×1(ロープロファイルのみ)。本体サイズは、350(幅)×99(高さ)×205(奥行き)mm、重量2.5kg。電源は、奥行き140mm以下のSFX対応(非搭載)。

本体サイズだけでなく、カスタマイズ性やストレージの搭載台数にもこだわった超小型ケースとなっている。

画像一覧

  • 2013年12月9日から12月15日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年12月9日から12月15日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ