【結果発表】2013秋アニメ実力ランキング、伏兵「のんのんびより」がダントツで首位! 「境界の彼方」は期待に応えて2位キープ

アキバ総研 | 2013年11月22日 21:49
【結果発表】2013秋アニメ実力ランキング、伏兵「のんのんびより」がダントツで首位! 「境界の彼方」は期待に応えて2位キープ

アキバ総研が実施した、2013秋アニメの実力ランキングの結果をご紹介。

 


このランキングは、2013秋に放送がスタートしたTVアニメ全50本のうち、ユーザーが「ほぼリアルタイムで毎週かかさずに見てる!」「これはぜひみんなにも見てほしい!」と感じた作品への投票をまとめたもの。放送開始前の期待度ランキングとは異なり、"実際に作品を視聴してみての評価"が反映される。受け付け期間は2013年11月1日~11月22日。投票総数は1,628票だった。

 


見事1位に輝いたのは、マンガ原作の新作モノ「のんのんびより」。全校生徒5名という田舎の分校を舞台にしたコメディで、のんびりとした雰囲気、わかりやすいキャラ設定、連続性があまりないストーリーなど、ゆる~い癒し系アニメとして人気に。放送開始前に行った期待度ランキングの18位から一気に突き抜けての首位獲得となった。今後、作風や評価が劇的に転換する可能性は低く、このまま行けば今期終了後の満足度ランキングでも上位にランクインするだろう。


約70票差の2位は、ラノベ原作の新作モノ「境界の彼方」。"京アニ"こと京都アニメーションによる作品で、半妖の少年と呪われた血を持つ一族の生き残りである少女を中心としたアクションファンタジー。監督とキャラクターデザインがともに初担当ながら、安定したデキで放送開始前2位→放送開始後2位と高い期待に応えている。


そこから約20票差の3位は、マンガ原作の新作モノ「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」。意思と超兵器をもった軍艦群と人類の戦いを描いた海洋SF戦記で、最近の軍事モノ人気もあいまって、放送開始前12位→放送開始後3位と大きくジャンプアップした。

このほか、続編モノでは「WHITE ALBUM2」が5位に、「リトルバスターズ!~Refrain~」が10位にランクインしたが、「IS<インフィニット・ストラトス>2」「革命機ヴァルヴレイヴ 2ndシーズン」「黒子のバスケ(第2期)」は大きく沈んだ。特に、「IS<インフィニット・ストラトス>2」は開始前1位から開始後17位への大暴落。一方、「境界の彼方」「機巧少女は傷つかない」「凪のあすから」「ゴールデンタイム」など、開始前にトップ10入りしていた新作モノは軒並みトップ10内をキープしている(トップ10陥落は、9位→12位の「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」のみ)。

以下、トップ10。11位以降は、http://akiba-souken.com/anime/vote_ranking/vote_result/25/にて。

 



2013秋アニメの実力ランキング トップ10


※"★"=オリジナル作品。"☆"=新作モノ。無印=続編モノ。

 

1位: のんのんびより  ☆195票 (放送前期待度18位)
2位: 境界の彼方  ☆124票 (同2位)
3位: 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-  ☆102票 (同12位)
4位: 機巧少女は傷つかない   ☆78票 (同6位)
5位: WHITE ALBUM2  75票 (同5位)
6位: キルラキル  ★☆71票 (同16位)
7位: 弱虫ペダル  ☆70票 (同21位)
8位: ゴールデンタイム  ☆65票 (同8位)
9位: 凪のあすから  ★☆64票 (同7位)
10位: アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者  ☆59票 (同27位)
10位: リトルバスターズ!~Refrain~  59票 (同3位)

画像一覧

  • 【結果発表】2013秋アニメ実力ランキング、伏兵「のんのんびより」がダントツで首位! 「境界の彼方」は期待に応えて2位キープ

  • 【結果発表】2013秋アニメ実力ランキング、伏兵「のんのんびより」がダントツで首位! 「境界の彼方」は期待に応えて2位キープ

関連ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)