奥行15cmの80PLUS GOLD電源がSilverStoneから! 「SST-ST85F-GS」「SST-ST75F-GS」発売

アキバ総研 | 2013年10月24日 19:25
奥行15cmの80PLUS GOLD電源がSilverStoneから! 「SST-ST85F-GS」「SST-ST75F-GS」発売

奥行が短い高出力/高効率ATX電源ユニット「Strider Gold Sシリーズ」がSilverStoneから登場した。ラインアップは850W(ピーク時900W)の「SST-ST85F-GS」と、750W(ピーク時800W)の「SST-ST75F-GS」。



いずれも、80PLUS GOLD認証を取得した奥行150mmの電源ユニットで、既存モデル「Strider Gold Evolution」の下位製品。筺体の奥行を短くしたほか、フルモジュラーケーブルやフラットタイプのメインケーブルを使用することにより、小型のPCケースでも配線しやすい設計が特徴だ。

コネクタ数は、ATXメイン 20+4ピン×1、ATX 12V 4+4ピン×2、PCI-E 6+2ピン×4、SATA×8、ペリフェラル 4ピン×6、FDD×2。+12Vはシングルレーンで70A(750Wは62A)。

価格はツクモeX.パソコン館で、「SST-ST85F-GS」が22,980円、「SST-ST75F-GS」が19,980円。

画像一覧

  • 奥行15cmの80PLUS GOLD電源がSilverStoneから! 「SST-ST85F-GS」「SST-ST75F-GS」発売

  • 奥行15cmの80PLUS GOLD電源がSilverStoneから! 「SST-ST85F-GS」「SST-ST75F-GS」発売

  • 奥行15cmの80PLUS GOLD電源がSilverStoneから! 「SST-ST85F-GS」「SST-ST75F-GS」発売