8GB SLC搭載のハイブリッドドライブが東芝から登場! 1TBモデル「MQ01ABD100H」発売

アキバ総研 | 2013年10月22日 19:19
8GB SLC搭載のハイブリッドドライブが東芝から登場! 1TBモデル「MQ01ABD100H」発売

NANDフラッシュを搭載したハイブリッドタイプの2.5インチHDD「MQ01ABD100H」が東芝から登場した。



「MQ01ABD100H」は、8GBのSLC NANDフラッシュを搭載したSATA接続2.5インチHDD。容量は1TB。システムから高い頻度で要求されるデータをNANDフラッシュメモリーに配置するキャッシングアルゴリズムを採用することで高速読み出しを実現しているのが特徴だ。

具体的な転送速度は明かされていないが、パフォーマンスについては「従来の当社製HDD(MQ01ABDシリーズ)に比べ約3倍高速化」「アプリケーション起動時間では40%程度短縮」とされている。

主な仕様は、ディスク数2枚、ディスク回転数5,400rpm、バッファ容量32MB。動作音は、アイドル時23dB、シーク時24dB

価格は10,400円。販売ショップは、パソコンハウス東映、東映ランド。

画像一覧

  • 8GB SLC搭載のハイブリッドドライブが東芝から登場! 1TBモデル「MQ01ABD100H」発売

  • 8GB SLC搭載のハイブリッドドライブが東芝から登場! 1TBモデル「MQ01ABD100H」発売

  • 8GB SLC搭載のハイブリッドドライブが東芝から登場! 1TBモデル「MQ01ABD100H」発売