SanDiskから法人向けの新型SSD「X210」が登場! 512GBモデルが発売に

アキバ総研 | 2013年10月12日 22:33
SanDiskから法人向けの新型SSD「X210」が登場! 512GBモデルが発売に

SanDiskの新型SSD「X210」シリーズが登場。512GBモデル「SD6SB2M-512G-1022I」が発売された。



「X210」は、法人向けとうたうSATA 6Gbps対応の7mm厚2.5インチSSD。「サーチエンジンやクラウドストレージプロバイダー、ストリーミングメディア企業など、高速で一貫性のあるデータアクセスを重視する企業向けに最適化されている」(同社)という。

シーケンシャル転送速度はリード最大505MB/s・ライト最大470MB/s。ランダム性能はリード最大89,000IOPS・ライト最大60,000IOPS。NANDフラッシュは19nm MLC。

このほか、モバイル向けの自動電力管理機能や、ランダム書き込みのパフォーマンスなど向上させる独自の「nCache Acceleration Technology」を搭載する。

価格は、パソコンハウス東映で37,380円。

画像一覧

  • SanDiskから法人向けの新型SSD「X210」が登場! 512GBモデルが発売に

  • SanDiskから法人向けの新型SSD「X210」が登場! 512GBモデルが発売に

  • SanDiskから法人向けの新型SSD「X210」が登場! 512GBモデルが発売に

  • SanDiskから法人向けの新型SSD「X210」が登場! 512GBモデルが発売に

  • SanDiskから法人向けの新型SSD「X210」が登場! 512GBモデルが発売に