RS232Cコネクタの通信テストができるループバックコネクタ「羽根木」がエアリアから!

アキバ総研 | 2013年10月11日 21:03
RS232Cコネクタの通信テストができるループバックコネクタ「羽根木」がエアリアから!

RS232Cコネクタの通信テストができるループバックコネクタ「羽根木」(型番:AR-RBC92)が、エアリアから発売となった。




「羽根木」は、RS232Cコネクタに接続し、ハイパーターミナル(Windows Vista/XP/2000のみ)や推奨フリーウェア「RS232Cテストツール」を実行することで、高価な検査キットを購入することなくシリアルポートの状態を確認できるのが特徴のループバックコネクタの2個セット。

主な仕様は、本体サイズが約38(幅)×57(奥行き)16(高さ)mmで、重量が約25g。コネクタ形状は、D-SUB9ピンメス形状(シリアルポート)となっている。

価格は、東映ランドとパソコンハウス東映で1,480円。

画像一覧

  • RS232Cコネクタの通信テストができるループバックコネクタ「羽根木」がエアリアから!

  • RS232Cコネクタの通信テストができるループバックコネクタ「羽根木」がエアリアから!

関連リンク