2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

アキバ総研 | 2013年09月23日 21:00
2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で見つけた主なPCパーツをまとめてご紹介!



ASUS「MAXIMUS VI FORMULA」
42,800円:オリオスペック
42,980円:ツクモeX.パソコン館、ドスパラパーツ館、パソコンショップアーク
44,980円:BUY MORE秋葉原本店(品切れ)


ASUS「MAXIMUS VI FORMULA」は、同社のゲーミングブランド「R.O.G.」に属する、Intel Z87 Expressを搭載したATXマザーボードで、MAXIMUS VIシリーズのフラグシップモデル。

特徴は、基板表面を覆う樹脂製保護カバーと、補強/放熱性を上げる裏面の鉄板で構成された「ROG Armor」。トップカバーではビデオカードの発熱でダメージを受けやすい部品を保護し、バックプレートでは基板の曲げ防止・電源回路の放熱を担っている。

また、電源回路部の冷却機構には、水冷と空冷の両方に対応する「CrossChill」を採用。水冷時には最大23度、温度が低下するという。さらに、冷却機構と水冷パーツを接続するときには水冷で一般的な「G1/4インチ規格」に対応し、L字コネクタやチューブカラーなど好みのものを選ぶことができる。

このほか、従来モデルより電力効率が改善した電源回路「Extreme Engine DIGI+ III」、IEEE 802.11ac無線LAN/Bluetooth 4.0/M.2(NGFF)スロットを備えたコンボ拡張カード、画面オーバレイで表示させたレーダー上に足音や銃声がする方向を示すFPS向けの補助機能「SONIC RADAR」など搭載する。

拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×3(x16またはx8+x8またはx8+x4+x4)、PCI Express x1×3、Mini PCI Express×1。オンボードデバイスは、ギガビットLAN、8chサウンド、SATA 6Gbps×6、SATA6Gbs×4など。

画像一覧

  • 2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ

  • 2013年9月16日から9月22日までに秋葉原で発見した主なPCパーツ