エントリー向けNASキットの高速モデル! Shuttle「KD21」登場

アキバ総研 | 2013年08月14日 20:30
エントリー向けNASキットの高速モデル! Shuttle「KD21」登場

データ転送速度の向上や機能強化が施されたNASキット「KD21」が、Shuttleから発売となった。




「KD21」は、2基のSATA-HDDが内蔵可能なギガビットLAN対応のNASキットで、昨年9月に発売された「KD20」の後継モデルにあたる製品だ。前モデルからの変更点としては、搭載CPUをPLX「NAS 7821」(動作クロック:750MHz)からMarvell「88F6707」(動作クロック:1GHz)に、メモリをDDR2 256MBからDDR3 512MBに変更することにより、データ転送速度はリード時が75MB/s→100MB/s、ライト時は45MB/s→70MB/sと向上している。

また、HDDトレイが2.5インチ/3.5インチの両方に対応するほか、本体前面のUSB 3.0ポートが2基に増えているなど、インターフェイス面も強化。また、DLNAサーバー、iTunesサーバー、FTPサーバー、プリンターサーバー、Apple Time Machine、BTダウンロードといった機能に加えて、PTPのサポートによるデジタルカメラ接続機能といった新機能も搭載されている。

主な仕様は、本体サイズが90(幅)×225(奥行き)×170(高さ)mmで、重量が2.7kg。HDDは専用トレイに固定し、本体前面から着脱する(ホットスワップ対応)。容量4TBのHDDにも対応しており、最大8TBまで搭載可能だ。また、搭載した2基のHDDは、RAID 0/1、JBOD、Single構成で利用できる。主な搭載インターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0×1、SDカードスロットなど。付属品として、ドライバCD、LANケーブル、ACアダプタ、バックアップソフトAcronis「True Image HD」などが同梱される。

価格は、22,800円。販売ショップは、ツクモeX.パソコン館、パソコンハウス東映、テクノハウス東映、ドスパラパーツ館、BUY MORE秋葉原本店(近日発売予定)。

画像一覧

  • エントリー向けNASキットの高速モデル! Shuttle「KD21」登場

  • エントリー向けNASキットの高速モデル! Shuttle「KD21」登場

  • エントリー向けNASキットの高速モデル! Shuttle「KD21」登場

  • エントリー向けNASキットの高速モデル! Shuttle「KD21」登場

  • エントリー向けNASキットの高速モデル! Shuttle「KD21」登場

関連リンク