Mini PCI Express-USB2.0変換基板が登場! ハーフサイズにも対応

アキバ総研 | 2013年05月21日 11:59
Mini PCI Express-USB2.0変換基板が登場! ハーフサイズにも対応

元PCパーツショップ店員Mが企画するカスタムパーツブランド「Project M」シリーズから、「miniPCIe to USB2.0変換基板」(型番:MINIPCIE2USB2)が22日に発売される。


「miniPCIe to USB2.0変換基板」は、USB 2.0を1ポート追加できるMini PCI Express接続の増設アダプタで、Mini PCI Express内部のUSB信号をスルーすることによって実現させたというもの。基板をカットすることでハーフサイズにも対応している。

なお、「スペースによっては接続するUSB機器やケーブルが入らない場合がある」(代理店アユート)とのことで、注意が必要だ。

ちなみに、mSATA SSDを2.5インチSSDにする変換アダプタ「25SATA2MSAT9」と、USB 3.0対応のA-microB変換コネクタ「USB3AMICROB」も同時発売となる。

予価は、「MINIPCIE2USB2」が1,780円前後、「25SATA2MSAT9」が1,980円前後、「USB3AMICROB」が480円前後。販売ショップは、BUY MORE秋葉原本店、パソコンハウス東映。

画像一覧

  • Mini PCI Express-USB2.0変換基板が登場! ハーフサイズにも対応

  • Mini PCI Express-USB2.0変換基板が登場! ハーフサイズにも対応

  • Mini PCI Express-USB2.0変換基板が登場! ハーフサイズにも対応

  • Mini PCI Express-USB2.0変換基板が登場! ハーフサイズにも対応

  • Mini PCI Express-USB2.0変換基板が登場! ハーフサイズにも対応

  • Mini PCI Express-USB2.0変換基板が登場! ハーフサイズにも対応

  • Mini PCI Express-USB2.0変換基板が登場! ハーフサイズにも対応

  • Mini PCI Express-USB2.0変換基板が登場! ハーフサイズにも対応

  • Mini PCI Express-USB2.0変換基板が登場! ハーフサイズにも対応

関連リンク