小ぶりなMicroATXマザー「H61M-VG3」がASRockから! 実売4千円台の低価格モデル

アキバ総研 | 2013年03月23日 18:48
小ぶりなMicroATXマザー「H61M-VG3」がASRockから! 実売4千円台の低価格モデル

ASRockからH61チップセット搭載のMicroATXマザーボード「H61M-VG3」が発売された。


「H61M-VG3」は、小ぶりな基板サイズが特徴のMicroATXマザーボード。ボードサイズは191×170mmで、Mini-ITXフォームファクタ(170×170mm)より若干大きい程度になっている。対応PCケースはMicroATXモデル。

ちなみに、「拡張スロットを2基備えるMini-ITXケースでなら、取り付けられる場合もある」(パソコンハウス東映)という。

主な仕様は、拡張スロットがPCI Express 3.0 x16×1(Gen3は搭載CPUによる)、PCI Express 2.0 x1×1。対応メモリはDDR3-1600/1333/1066(2スロット最大16GB)。主なオンボードデバイスは、ギガビットLAN、5.1chサウンド、SATA 3Gbps×4、USB 2.0など。モニタ出力端子はVGAのみ。

価格は、パソコンハウス東映で4,480円。

画像一覧

  • 小ぶりなMicroATXマザー「H61M-VG3」がASRockから! 実売4千円台の低価格モデル

  • 小ぶりなMicroATXマザー「H61M-VG3」がASRockから! 実売4千円台の低価格モデル

  • 小ぶりなMicroATXマザー「H61M-VG3」がASRockから! 実売4千円台の低価格モデル

  • 小ぶりなMicroATXマザー「H61M-VG3」がASRockから! 実売4千円台の低価格モデル

  • 小ぶりなMicroATXマザー「H61M-VG3」がASRockから! 実売4千円台の低価格モデル