新コントローラー採用のOCZ製SSD「Vector」が発売! ランダムリード最大100,000IOPS

アキバ総研 | 2012年11月30日 22:50
新コントローラー採用のOCZ製SSD「Vector」が発売! ランダムリード最大100,000IOPS

OCZの新型SSD「Vector」が発売となった。


「Vector」は、ランダム性能が高いSATA 3.0(6Gbps)対応2.5インチSSD。4kランダム性能は、リード時最大100,000IOPS、ライト時95,000IOPSをうたう。コントローラーにはIndilinxとPLX Technologyチームが中心となって開発した「Indilinx Barefoot 3」を採用。NANDには25nm IMFT MLCを使用している。筺体は7mm厚。5年保証となっている。ラインアップと主な仕様は以下のとおり。

■OCZ「VECTOR」シリーズ
・128GB「VTR1-25SAT3-128G」 512MB、550MB/s・400MB/s、 90,000IOPS・95,000IOPS
・256GB「VTR1-25SAT3-256G」 512MB、550MB/s・530MB/s、100,000IOPS・95,000IOPS
・512GB「VTR1-25SAT3-512G」   1GB、550MB/s・530MB/s、100,000IOPS・95,000IOPS
※スペックは順に、キャッシュ容量、最大転送速度(リード・ライト)・4kランダム(リード・ライト)

価格は、128GBが約13,000円、256GBが約24,000円、512GBが約47,000円。販売ショップは、ツクモeX.、オリオスペック。

画像一覧

  • 新コントローラー採用のOCZ製SSD「Vector」が発売! ランダムリード最大100,000IOPS

  • 新コントローラー採用のOCZ製SSD「Vector」が発売! ランダムリード最大100,000IOPS