デュアルプロセッサ採用の高速HDDに4TBモデルが登場! WesternDigital「WD4001FAEX」発売

アキバ総研 | 2012年11月30日 21:30
デュアルプロセッサ採用の高速HDDに4TBモデルが登場! WesternDigital「WD4001FAEX」発売

容量4TBのデスクトップ向け3.5インチHDD「WD4001FAEX」がWesternDigitalから発売された。


「WD4001FAEX」は、高パフォーマンスをウリとするデスクトップ向けHDD「WD Black」シリーズの最上位モデル。WD Blackシリーズの特徴であるデュアルCPUや動的キャッシュ機能により、HDDとしては比較的高速な転送速度を実現している。公称のサスティン転送速度は154MB/s。

そのほか主な仕様は、インターフェイスがSerial ATA 6Gbps、キャッシュ容量64MB、回転数7200rpm。消費電力は、読み書き時10.4W、アイドル8.1W、スタンバイ/スリープ時1.2W。動作音は29~34dBA。

ちなみに、同社からは先日、エンタープライズ(企業)向けの4TB HDD「WD4000FYYZ」が発売されている。

価格は25,000円前後。販売ショップは、ツクモeX.、TWOTOP秋葉原本店、パソコンハウス東映、パソコンショップ アーク。

画像一覧

  • デュアルプロセッサ採用の高速HDDに4TBモデルが登場! WesternDigital「WD4001FAEX」発売

  • デュアルプロセッサ採用の高速HDDに4TBモデルが登場! WesternDigital「WD4001FAEX」発売

  • デュアルプロセッサ採用の高速HDDに4TBモデルが登場! WesternDigital「WD4001FAEX」発売

関連リンク