富士急、11月17日に「EVA:Q×FUJI:Q計画」を始動! エヴァ飛車、ヱヴァQ公開記念電車など

アキバ総研 | 2012年11月12日 11:58
富士急、11月17日に「EVA:Q×FUJI:Q計画」を始動! エヴァ飛車、ヱヴァQ公開記念電車など

アニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」と富士急グループのコラボが決定。「EVA:Q×FUJI:Q計画」が11月17日に始動する。




 

これは、17日に公開となるシリーズ最新作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」にあわせたコラボ企画。内容は、富士急ハイランドの「エヴァ飛車」と富士急行線の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q公開記念電車」の2本立て。

「エヴァ飛車」は、"最大落下角度121度"(ギネス世界記録認定)の大型ローラーコースター「高飛車」の車両、アナウンス、BGM、駅舎などを全面的にエヴァ仕様に変更したもの。搭乗者はエヴァのパイロットとなってエヴァ初号機のカラーにラッピングされた「エヴァ飛車」に乗り込み、全長約1000mのコースを絶叫とともに駆け抜けることとなる。


<詳細>

○車両デザインをエヴァ仕様に変更
車両をエヴァ初号機カラーへラッピングを施します。
※初号機カラーは1車両のみで、他の車両には「NERV」マークが入ります
※メンテナンスにより、初号機カラーの車両が運休となる場合もあります
  
○「葛城ミサト」の合図で発進
劇中同様、「葛城ミサト」の「発進!!」の合図でエヴァ飛車が発進します。
  
○「エヴァ飛車」搭乗中の演出
コース途中のトンネルで「式波・アスカ・ラングレー」の巨大バナーパネルに遭遇し、劇中のBGMを聞きながら43mの巻き上げを上昇、最後は主人公「碇シンジ」の「A.T.フィールド全開!!」のセリフと同時に、落下角度121度のコースを、絶叫とともに落下いたします。
  
○エヴァ飛車のために作成されたオリジナル映像の放映
「EVA:Q×FUJI:Q計画」のために作成された映像を待ち列モニターより放映。劇中名場面をベースとして、主人公「碇シンジ」が「エヴァ飛車」に搭乗するまでを描きます。
  
○劇中名場面映像「EVA吹替計画」の放映
エヴァ劇中の名場面のセリフを富士急バージョンにパロディした「EVA吹替計画」を、待ち列モニターにてアイキャッチとして放映。
  
○「アスカ」巨大グラフィック
高飛車駅舎壁面に「式波・アスカ・ラングレー」の巨大グラフィックを設置し、搭乗者を迎えます。
  
○ライドフォトの変更
搭乗記念となるライドフォトが「エヴァ飛車」特別バージョンとなります。
※ライドフォト料金 700円

画像一覧

  • 富士急、11月17日に「EVA:Q×FUJI:Q計画」を始動! エヴァ飛車、ヱヴァQ公開記念電車など

  • 富士急、11月17日に「EVA:Q×FUJI:Q計画」を始動! エヴァ飛車、ヱヴァQ公開記念電車など

  • 富士急、11月17日に「EVA:Q×FUJI:Q計画」を始動! エヴァ飛車、ヱヴァQ公開記念電車など

関連作品

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

上映開始日: 2012年11月17日   制作会社: スタジオカラー
キャスト: 緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、石田彰、立木文彦、清川元夢、三石琴乃、山口由里子、長沢美樹、子安武人、優希比呂
(C) カラー

関連シリーズ

関連リンク

ホビーの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)