「攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D」の約3倍! アニメ映画「009 RE:CYBORG」、初週興行収入約7千万円の好発進に

アキバ総研 | 2012年10月30日 20:32
「攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D」の約3倍! アニメ映画「009 RE:CYBORG」、初週興行収入約7千万円の好発進に

10月27日公開のアニメ映画「009 RE:CYBORG」(ゼロゼロナイン リ・サイボーグ)が公開2日間で動員41,901名/興行収入約7,000万円という好発進を記録した。








天才・石ノ森章太郎の未完の傑作を、「攻殻機動隊S.A.C.」「東のエデン」の神山健治さんが独自解釈でアニメ映画化した本作。計63スクリーンという規模での公開を迎えたが、公開2日間のスクリーンアベレージは約110万円という好成績を記録。公開2日間の興行収入は、9スクリーン公開で2億円を超える興行収入をあげた神山健治監督作品の最大ヒット作「攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D」(初日2日間累計:動員11,768人、興収約2,300万円)と比べ、約3倍となっている。

配給会社は、好発進の要因として、神山監督の新作を待ち続けた20~30代中心のファンから往年の009ファンのシニア世代まで幅広い層に支持されたことを挙げている。

ちなみに、神山監督と出演声優陣は、公開2日間で全国11劇場で舞台挨拶を実施。サイボーグ戦士9人のキャストが登場した新宿バルト9では、「攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society 3D」を超える2,685人の動員を初日に記録し、全回満席となった。

画像一覧

  • 「攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D」の約3倍! アニメ映画「009 RE:CYBORG」、初週興行収入約7千万円の好発進に

関連作品

009 RE:CYBORG

009 RE:CYBORG

上映開始日: 2012年10月27日   制作会社: プロダクションI.G/サンジゲン
キャスト: 宮野真守、杉山紀彰、吉野裕行、増岡太郎、丹沢晃之、大川透、斎藤千和、小野大輔、玉川砂記子
(C) 2012 「009 RE:CYBORG」製作委員会

関連リンク

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • ニンテンドー3DS「モンスターハンター ストーリーズ」プレゼント!
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)