「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

アキバ総研 | 2012年10月26日 23:50
「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

Windows 7から約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる、マイクロソフトの最新OS「Windows 8」が10月26日ついに発売となった。


「Windows 8」は、タブレット端末向けのUI(ユーザーインターフェイス)を搭載した最新バージョンのWindows。スタートボタンが廃止され、タッチ操作を前提とした新しい画面デザイン「Modern UI」を採用。画面上に並んだ四角形のタイルからアプリを呼び出せるシンプルなインターフェイスとなっている。

新UI用のアプリは独自の「Windows ストア」で提供。ゲーム、ニュース、仕事効率化など多数のアプリがダウンロードできる。Windows 8では、専用のアプリ流通プラットフォームと、二つのインターフェイスが用意されているのが特徴だ。

ちなみに、Windows 7対応アプリは、従来のデスクトップUIで実行可能。ウィンドウ形式で複数のアプリを同時起動しながら、切り替えて使用することもできる。

なお、Windows 7で搭載された「XPモード」だが、Windows 8では非搭載に。新たに搭載された仮想化環境「Hyper-V 3.0」でほぼ同じことが実現可能で、Virtual PCベースとWindows XPイメージファイルで構成されたXPモードに比べて、拡張性やパフォーマンスを高めている(Hyper-VはWindows 8 Proのみ。対応するハードウェアが必要)。

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況


Windows 8は、機能面の変更だけでなく、販売方法が大きく変わったのもポイント。

特に、新規パッケージインストール版(いわゆる、製品版)がWindows 8では提供されず、DSP版のみになった(パッケージ版アップグレードは存続)。また、これまでPCパーツとのセット販売(バンドル)だったDSP版だが、OS単品でも購入できるように変更されている。このほか、販売店舗が行っていたDSP版の無償サポートはなくなっている。ただし、一部の店舗ではサポートを付加したDSP版の提供を始めている。



Windows 8の主なラインアップと価格は以下のとおり(発売記念パック除く)。
・「DSP版Windows 8(32/64bit)」……9,800円~10,800円
・「DSP版Windows 8 Pro(32/64bit)」……13,980円~15,980円
・「Windows 8 アップグレード版」……5,980円前後
・「Windows 8 Pro Pack」……5,980円前後


ちなみに、26日17時点では、発売記念パック(主に秋葉原エディションと一般エディション)がダントツの売れ行き。特に秋葉原エディションは即日完売し、一方の一般エディションも品切れもしくは在庫少量という状況。ただし一般エディションについては、複数のショップで後日再入荷する見込みという。そのほか、日本橋バージョンがドスパラ パーツ館に入荷している。

27日追記、ドスパラ パーツ館に入荷した日本橋エディションは完売した模様。

画像一覧

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況

  • 「Windows 8」ついに発売! 記念パックは売り切れ続出、深夜販売は大盛況