WesternDigital製の4TB HDDがデビュー! 企業向け「WD RE」シリーズ

アキバ総研 | 2012年10月13日 21:20
WesternDigital製の4TB HDDがデビュー! 企業向け「WD RE」シリーズ

容量4TBのWesternDigital製3.5インチHDD「WD4000FYYZ」が発売となった。


インターフェイスにSATA 6Gbpsを備えたエンタープライズ向け「WD RE(SATA)」シリーズに属する製品となっている。

「WD RE(SATA)」シリーズは、24時間×7日間の常時稼働に求められる信頼性を備えた3.5インチHDD。


HDDとしては比較的高速なサスティン転送速度171MB/sを公称し、高いランダムI/O性能をうたっているのが特徴だ。読み書きの多いサーバーやビデオ監視システム向けのモデルとなっている。MTBF(平均故障間隔)は120万時間。

主な仕様は、回転数が7200rpm、バッファ容量が64MB。消費電力は、リード/ライト時10.4W、アイドル時8.6W。本体重量は0.75kg。なお、同シリーズの3TBモデル「WD3000FYYZ」も同時発売している。

価格は、4TBモデル「WD4000FYYZ」が約40,000円、3TBモデルが「WD3000FYYZ」が約30,000円。

画像一覧

  • WesternDigital製の4TB HDDがデビュー! 企業向け「WD RE」シリーズ

  • WesternDigital製の4TB HDDがデビュー! 企業向け「WD RE」シリーズ

  • WesternDigital製の4TB HDDがデビュー! 企業向け「WD RE」シリーズ

  • WesternDigital製の4TB HDDがデビュー! 企業向け「WD RE」シリーズ