ShuttleのNASキット「KD20」が初登場! 9月28日発売に

アキバ総研 | 2012年09月27日 23:15
ShuttleのNASキット「KD20」が初登場! 9月28日発売に

ベアボーンキットでおなじみのShuttleから、初のNASキット「KD20」が登場した。発売は28日予定。


「KD20」は、2基の3.5インチベイを備えたNASキット。4TB HDDに対応し、最大8TB搭載可能。また、RAID 0/1、JBODをサポートしている。HDDは専用のカートリッジに固定し、本体前面から抜き差しする。ホットスワップに対応し、電源を落とさずにHDDを交換することが可能だ。


このほか、前面にはUSB 3.0とSDカードリーダーを搭載。パソコンからの操作なしに、自動バックアップも行える。主なネットワーク機能は、プリンターサーバー、iTunesサーバー、マルチメディアサーバー。DLNA1.5対応。

ネットワークインターフェイスはギガビットLAN、公称の転送速度はリード75MB/s、ライト55MB/s。消費電力は65W。本体サイズは、95(幅)×170(高さ)×220(奥行)mm。

予価は15,800円。

画像一覧

  • ShuttleのNASキット「KD20」が初登場! 9月28日発売に

  • ShuttleのNASキット「KD20」が初登場! 9月28日発売に

  • ShuttleのNASキット「KD20」が初登場! 9月28日発売に

  • ShuttleのNASキット「KD20」が初登場! 9月28日発売に

  • ShuttleのNASキット「KD20」が初登場! 9月28日発売に

  • ShuttleのNASキット「KD20」が初登場! 9月28日発売に