ランダム性能が強い高速SSD! OCZ「Vertex 4」発売

アキバ総研 | 2012年04月17日 20:45

実使用におけるパフォーマンスを重視した、OCZ製SSD「Vertex 4」シリーズが登場した。容量は128GB/256GB/512GB。



「Vertex 4」は、Indilinxの新型コントローラー「Everest 2」を搭載した、SATA 3.0(6Gbps)対応の2.5インチSSD。ランダム書き込みに強いのが特徴で、ライト最大120,000IOPSをうたう(4K時は85,000IOPS)。

最大転送速度は、リード共通535MB/s、ライト200MB/s・380MB/s・475MB/s(順に128GB・256GB・512GB)。キャッシュメモリには1GB搭載する。

そのほか、Indilinx独自のNAND長寿命化技術「Ndurance 2.0テクノロジー」、自動暗号化機能、アドバンスドECCエンジンなど、多数の機能を備える。

秋葉原での初回店頭価格は、128GBモデルが16,000円前後、256GBモデルが32,000円前後、512GBモデルが65,000円前後。詳しくはアキバ総研PCパーツデータベースにて!
128GB/256GB/512GB

20120417204500.jpg akiba20120413__4414.jpg akiba20120413__4356.jpg

【関連記事】
リード550MB/sのSanDisk製SSDが発売! 120GB/240GBモデル(2012年03月13日)
Marvellコントローラー搭載のCORSAIR製高速SSDが発売! 128GB/256GBモデル(2012年02月28日)
薄型/高速化したプレクスター製SSD「M3P」が初登場! 128GBモデルが発売に(012年02月24日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ‐SSD
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
OCZ


【取材協力ショップ】:ツクモeX.&TWOTOP秋葉原本店&ドスパラ パーツ館

  • ランダム性能が強い高速SSD! OCZ「Vertex 4」発売

  • ランダム性能が強い高速SSD! OCZ「Vertex 4」発売

  • ランダム性能が強い高速SSD! OCZ「Vertex 4」発売