「X79」搭載マザーが展示開始! CPUソケットは「LGA2011」

アキバ総研 | 2011年11月09日 23:45

Intelの次期ハイエンドCPU「Sandy Bridge-E」に対応するマザーボードの展示がドスパラパーツ館で始まった。



展示が始まったのは、ASRock製の「X79 Extreme4」(ATX)と「X79 Extreme4-M」(MicroATX)の2モデル。いずれも、「Sandy Bridge-E」に対応する新型チップセット「Intel X79 Express」と、新ソケット「LGA2011」を採用したというモデルとなっている。

展示中のマザーボードはショーケースの中にただ置かれており、いわゆる「静態展示」の状態。また、取材時には告知ポップも見当たらなかった。ちなみに、「マザーボードの詳しい仕様や発売時期、価格、展示期間はどれも不明」(ショップスタッフ)とのこと。

ただし、展示開始から間もなく発売になるケースもこれまでにあり、X79搭載マザーボードとSandy Bridge-Eの登場も間近という雰囲気になってきた。

20111109234500.jpg akiba20111105__4447.jpg akiba20111105__4443.jpg

LGA2011と書かれたCPUソケットカバー


【関連記事】
LGA2011対応のThermaltake製CPUクーラーが近日発売!(2011年11月09日)
X58搭載マザーがASUSからも登場! 「P6T Deluxe」展示開始(2008年11月05日)
MSI製「X58」搭載(?)ハイエンドマザー「Eclipse」展示開始! おそらく「Core i7」に対応(2008年10月31日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ‐マザーボード
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
ASRock


【取材協力ショップ】:ドスパラ パーツ館

  • 「X79」搭載マザーが展示開始! CPUソケットは「LGA2011」

  • 「X79」搭載マザーが展示開始! CPUソケットは「LGA2011」

  • 「X79」搭載マザーが展示開始! CPUソケットは「LGA2011」