LGA2011対応のThermaltake製CPUクーラーが近日発売!

アキバ総研 | 2011年11月09日 21:30

akiba20111105__4338s.jpgIntelの次期CPU「Sandy Bridge-E」で採用予定の新ソケット「LGA 2011」に対応した、Thermaltake製CPUクーラーのサンプル品「Frio Advanced」と「Contac 30+」が2モデル登場した。発売日はいずれも11日予定。



「Frio Advanced」は、TDP 230Wに対応するサイドフロー型CPUクーラー。本体は、2基の130mmファンでアルミフィンを挟み込む構造。ヒートパイプはCPUと直接接触するダイレクトコンタクト方式で、太さ6mmの純銅製ヒートパイプを5本使用している。

対応ソケットは、IntelがLGA 2011/1366/1156/1155/775、AMDがSocket FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2。本体サイズは122(幅)×159.2(高さ)×130.6(奥行)mm、重量954g。搭載ファンは、回転数800~2000rpm、最大風量88.7CFM、最大風圧2.7mmH2O、動作音21~44dBA。

予価は、ツクモeX.とPC DIY SHOP FreeT(フリート)で5,980円。

20111109213000.jpg akiba20111105__4206.jpg akiba20111105__4209.jpg


「Contac 30+」は、TDP 160W対応のサイドフロー型CPUクーラー。フィンエッジを凸凹加工した鋸歯状のアルミフィンと、CPU直接接触方式のヒートパイプを採用するのがウリ。ヒートパイプは径8mm×3本という構成。

対応ソケットは、IntelがLGA 2011/1366/1156/1155/775、AMDがSocket FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2。ヒートシンクサイズは76.9(幅)×159(高さ)×120(奥行)mm、重量558g。ファン回転数は800~2000rpm、エアフローが29.434~72.084CFM、風圧0.356~1.985mmH2O、動作音が15.0~33.2dBA。

予価は、ツクモeX.とPC DIY SHOP FreeT(フリート)で4,280円。

akiba20111105__4268.jpg akiba20111105__4269.jpg akiba20111105__4201.jpg

【関連記事】
Thermalrightの低価格CPUクーラー! 「HR-02 Macho(マッチョ)」発売(2011年09月08日)
120mmファンを搭載した薄型CPUクーラーが登場! サイズ「BIG Shuriken 2(大手裏剣2)」(2011年09月06日)
ギザギザフィン採用のサイドフローCPUクーラー! Thermaltake「Contac30」登場(2011年01月14日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】


【取材協力ショップ】:ツクモeX.&PC DIY SHOP FreeT(フリート)

  • LGA2011対応のThermaltake製CPUクーラーが近日発売!

  • LGA2011対応のThermaltake製CPUクーラーが近日発売!

  • LGA2011対応のThermaltake製CPUクーラーが近日発売!

  • LGA2011対応のThermaltake製CPUクーラーが近日発売!

  • LGA2011対応のThermaltake製CPUクーラーが近日発売!

  • LGA2011対応のThermaltake製CPUクーラーが近日発売!

  • LGA2011対応のThermaltake製CPUクーラーが近日発売!