日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

アキバ総研 | 2011年10月19日 19:45

TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、日産がメカデザインを担当! 2012年1月放送開始TVアニメ「輪廻のラグランジェ」の放送開始時期が2012年1月に決定。日産自動車がデザイン提供したロボットが登場することも発表された。




※「輪廻のラグランジェ」については以下を参照。
アキバ総研アニメ‐「輪廻のラグランジェ」作品詳細
オリジナルTVアニメ「輪廻のラグランジェ」、初回アフレコ後キャストコメントが到着!



akiba20111019-lag6.jpgこれは、16日に行われた製作発表会で明らかになったもの。

2009年1月、新規ロボットアニメ企画を立ち上げたProduction I.Gは、主役ロボットのデザインをプロダクトデザインで世界最先端を走る日産自動車グローバルデザイン本部に依頼。「人型と飛行形態に変形する、女性主人公が搭乗するこれまでにないシルエットのロボット」という依頼に対し、日産はグローバルデザイン本部の全デザイナーと全モデラーを対象としたオープンコンペを実施した。

応募者は最終的に60名を超え、主役機は大須田貴士氏のデザインに決定。さらに外部から8月32日(晴れ)氏がディレクションとして参加し、「リアルロボットアニメにおける主役機としての存在感」と「プロダクトデザインとしてのリアリティ」という二律背反するコンセプトを追求。数ヶ月に及ぶ多角的な検証を経て、2009年12月に主役機「ウォクス・アウラ」が完成したという。

ちなみに、他のロボットもすべて日産自動車のデザイナーによるもので、プロダクトデザイナーならではの、近未来的かつ斬新なデザインのロボットが多数登場することとなる。


akiba20111019-lag11.jpg
日産自動車 大須田貴士によるデザイン画
akiba20111019-lag12.jpg
日産自動車 菊地宏幸によるデザイン画
akiba20111019-lag5.jpg akiba20111019-lag8.jpg
akiba20111019-lag9.jpg
akiba20111019-lag10.jpg
「日産JUKE」とのコラボアートカーと主役機「ウォクス・アウラ」ヒューマンスケールモデルは、11月11日まで日産自動車グローバル本社ギャラリーで展示される




akiba20111019-lag3.jpg◆製作発表会オフィシャルレポート



来年1月にスタートするTVアニメ「輪廻のラグランジェ」。10月16日、神奈川・横浜にある日産自動車グローバル本社のNISSANホールで製作発表が行われ、日産がロボットのデザインを担当したロボットアニメである事が発表された。自動車メーカーがアニメに登場するロボットのデザインを提供するのは世界でも例をみない新しい試みで、数々の大ヒットアニメを手掛けてきた読売テレビにとっては初のオリジナルロボット作品となる。

アニメの原作と制作協力に携わるプロダクションI.Gは別のアニメ作品で一緒に仕事をした日産に劇中に登場する主役ロボットのデザイン開発を依頼。日産グローバルデザイン本部の全デザイナーとモデラーがコンペティションに参加して開発が行われた。バンダイビジュアルの大河原健プロデューサーは「『今まで見た事もないようなデザインを』と言う事で、プロダクトデザインとして世界の最先端を走る日産グローバルデザイン本部の方に依頼をさせて頂きました」とこの一大プロジェクトが誕生した経緯を説明した。

日産の中村史郎常務執行役員・チーフクリエイティブオフィサーは「我々から見ると、車もロボットもデザインに違いはないです。あと、デザイナーにとってロボットはインスピレーションの源なんですよね。日産にもアニメのロボットみたいな車がいっぱいありますから。だから僕らからすると極めて自然。異業種なんだけど、日本ならではのお互いに刺激を与えられる関係。皆、楽しんでやってくれたと思います」とコメント。そして60名を超えるコンペ参加者による、総勢150点にも及ぶデザイン提案からグローバルデザイン本部の大須田貴士氏のデザイン画が主役機、ウォクス・アウラのデザインに採用された。

20111019194500.jpg大須田氏は「ある意味、本業のコンペで選ばれるより嬉しかったですね。今回、僕らに求められた事はカーデザイナーが描く線、形だと思ったので、いつも以上にカーデザイナーである事を強く意識してデザインしました」と喜び、デザインのポイントを明かした。プロダクションI.Gの石川光久社長は「ロボットはどちらかと言うと男性が乗るので、デザインが男性っぽいんですね。それが今回、大須田さんが描いたデザインは女性っぽくて曲線美が素晴らしいんです。そこが作品のコンセプトにも合っていた」と従来なかった斬新なデザインである事を強調した。主役ロボット以外のロボットも全て日産のデザイナーが手掛けたデザインを採用。世界各国の車市場の求めるデザインニーズに応えてきた日産ならではの近未来的かつ斬新、さらに中村常務が常にデザインの根底にしているという、誰からも愛される「愛嬌のある」デザインのロボットが多数登場する。ロボットの戦闘シーンでは女性的なロボットらしい美しさも追求していくという。

石川氏がコンセプトに合っていると語った通り、今作は美少女3人がロボットを操縦する点が大きな特徴になっている。物語の舞台は青い海が広がる千葉の鴨川市。主人公の京乃まどかは明るさと行動力が魅力の女子高校生で、“ジャージ部”のたった1人の部員として人助けに奔走する日々を送る。そんなまどかの前に突然現れるランと名乗る美少女。まどかはラン、そして、“ゆるふわ”な少女、ムギナミと共にロボットを操り、鴨川の町や人々を守るため、宇宙から襲来した敵と戦う事になる。
今回の製作発表は第1話の先行上映イベントを兼ねており、会場には50社70媒体を超える報道陣のほかに大勢のアニメファンが駆け付けた。これまで詳細は謎に包まれていた事もあり、劇中にロボットが登場すると、アニメファンは驚きと興奮が抑えられない様子だった。この日、主要キャストの京乃まどか役、石原夏織、ラン役の瀬戸麻沙美、ムギナミ役の茅野愛衣もステージに登壇。ファンの大きな声援と拍手に迎えられた石原は「原作がないオリジナル作品だったので、演じるのがすごく難しいなぁと思いますね。反面、自分らしさを取り入れる事ができるので、より自分に近くなって演じるのが楽しいなぁと思いました」とアフレコの感想を語った。

瀬戸は「ランは冷静でクールな女の子なので、それを意識してアフレコしました。自分とは全く似ていないキャラクターですが、クールな演技を意識して頑張ろうと思います」と自分と正反対の役柄に苦労している事を明かした。第1話はムギナミの登場シーンがなかったため、茅野は「原作がないので、私自身もムギナミちゃんをあまり知らなくて…。これから監督さんと話をしつつ作り上げていく感じになると思います」とアフレコを心待ちにしている様子だった。席上ではオープニング、エンディング曲を歌う中島愛がサプライズゲストとして登場。中島は「皆さんに歌で『輪廻のラグランジェ』の世界観をお届けできるように精一杯頑張りたいと思っています」と意気込みを語った。OP曲は宇宙を感じさせる歌、ED曲は快活なまどかをイメージした歌になっているという。

今作は様々なアニメ作品で実績を残してきた実力派のスタッフが集結。総監督には佐藤竜雄氏、監督には鈴木利正氏が迎えられた。日産がデザインしたロボットに刺激を受けたようで、佐藤総監督は「大体、戦闘用のロボットは仰ぎ見る形でデザインされているんですが、ウォクス・アウラは俯瞰と言いますか、ちょっと上の方から見ると映えるデザインなんです。これは海を下にして空を飛ぶ画が頭に浮かぶような形でした」と印象を語った。鈴木監督は「SFで女の子が主人公という枠が決まった所で、女の子の心情を丁寧に拾っていきたいと思いました。それが積み重なって、キャラクターが活き活きと動いてくれれば良いなと思いますね」とロボットに負けない魅力溢れるキャラクターを描く事を約束した。

今作は45年間アニメを作り続ける読売テレビ初のオリジナルロボットアニメ。「名探偵コナン」を始めとする数々のヒットアニメを世に送り出してきた同局の諏訪道彦プロデューサーは「今日、この場を持ちまして『輪廻のラグランジェ』、完全始動でございます。このスタッフ、役者、そして日産とのコラボ、全てが日本のアニメーションの歴史を変えます!」と高らかに宣言した。「輪廻のラグランジェ」は読売テレビのほか、TOKYO MX、チバテレビ、札幌テレビ、中京テレビ、福岡放送にて来年1月から放送される。

第1話の上映後には180センチのヒューマンスケールのウォクス・アウラがお披露目され、アニメファンからは「お~っ」というどよめきが起こった。このヒューマンスケールモデルは「輪廻のラグランジェ」とコラボしたJUKEアートカーと共に11月11日まで日産グローバル本社ギャラリーに展示中だ。この一大プロジェクトは様々なメディアにも派生。11月5日にはHiBiKi radio stationから「ラグラジ!~石原夏織と瀬戸麻沙美の『輪廻のラグランジェ』Webラジオ~」の第0回を配信。11月12日からは各週土曜日に配信を予定している。また、アニメ放送に先駆け、10月25日に創刊される漫画誌「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス)でコミック連載がスタート。毎月第1、3金曜に発売される漫画誌「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)ではアナザーストーリー「輪廻のラグランジェ~暁月のメモリア~」が絶賛連載中だ。さらにMF文庫J(メディアファクトリー)からノベライズ作品も来春に刊行を予定している。


akiba20111019-lag0.jpg akiba20111019-lag4.jpg
akiba20111019-lag1.jpg
akiba20111019-lag2.jpg
左から、石原夏織さん(京乃まどか役)、瀬戸麻沙美さん(ラン役)、茅野愛衣さん(ムギナミ役)、中島愛さん(OP/ED曲歌手)


(C)ラグランジェ・プロジェクト


【関連記事】
オリジナルTVアニメ「輪廻のラグランジェ」、初回アフレコ後キャストコメントが到着!(2011年10月7日)

【価格.com関連リンク】
本・CD・DVD
□クチコミ掲示板:アキバ-ホビー

【関連リンク】
「輪廻のラグランジェ」

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

  • 日産がメカデザインを担当! TVアニメ「輪廻のラグランジェ」、2012年1月放送開始

アニメニュースの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)