PCパーツを冷却液に沈めた「油没PC」、販売開始! 重量の都合で23区内限定

アキバ総研 | 2011年08月25日 16:45

前回お伝えした、「油没PC」の受注販売が始まった。



PCパーツを冷却液に沈めて冷やす「油没PC」が登場! 予価60万円のハイエンドモデル


受注販売を開始したのは、7月に実機を展示していたオリオスペック(現在は展示終了)。

「油没PC」は、CPU/メモリ/マザーボード/ビデオカード/SSD/電源といったPCの基幹パーツを、冷却液で満たした特殊なPCケース (Hardcore ComputerのDetonator Workstation)の中に浸すことで、システム全体を冷却できるユニークなハイエンドPC。

本体重量が70kgもある水槽のようなPCケースになっているため、運び方などが課題とされてきたが、しばらくは都内23区限定で販売されることとなった。ただし、首都圏なら対応可能な場合もあるという。配送料金は12,600円(23区内、店頭受け渡しでも必要)。

20110825164500.jpg akiba20110729__106c.jpg akiba20110729__116.jpg

ラインアップは、3機種のベースモデルが用意されており、それらを基にパーツ構成の変更も行える(※メーカーBTOの範囲内で)。ベースモデルの主な仕様と価格は以下のとおり。納期は2~3週間。いずれもOSは別売。

・Hardcore Computer Reactor X Highend
Core i7 990X(4.29GHzにオーバークロック)、メモリ16GB、容量160GBのIntel製SSD、GeForce GTX 580×2枚、電源650W×2台。価格は820,000円。

・Hardcore Computer Reactor X Midrange
Core i7 990X(4.29GHzにオーバークロック)、メモリ12GB、容量160GBのIntel製SSD、GeForce GTX 580、650W電源。価格は690,000円。

・Hardcore Computer Reactor X Entry
Core i7 960(3.6GHzにオーバークロック)、メモリ6GB、容量1.5TBのHDD(7200rpm)、GeForce GTX 460、650W電源。価格は498,000円。


【関連記事】
FreeT店員Mの改造PC最新作は「ピピンアットマークPC」!(2011年06月17日)
Fusion APU搭載のノートPC! MSI「X370」発売(2011年04月16日)
18.5インチ液晶とOS付きで約4万円! ユニットコム製の低価格PCが登場(2010年11月24日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
Hardcore Computer


【取材協力ショップ】:オリオスペック

  • PCパーツを冷却液に沈めた「油没PC」、販売開始! 重量の都合で23区内限定

  • PCパーツを冷却液に沈めた「油没PC」、販売開始! 重量の都合で23区内限定

  • PCパーツを冷却液に沈めた「油没PC」、販売開始! 重量の都合で23区内限定