FusionベースのレトロPC「コモドール64」が発売! Cherry製キーボード採用

アキバ総研 | 2011年08月04日 16:30

今から約30年前に登場した、懐かしさあふれる8ビットPC「Commodore 64」(コモドール64)の復刻版筐体を利用したPCがPC DIY SHOP FreeT(フリート)で発売された。



「Commodore 64」は、1982年に米Commodoreが発売したキーボード一体型のホームコンピューター。テレビに直接つなぐことができるビデオ出力機能を搭載し、当時はゲーム機としても利用されていた。Commodoreは1994年に倒産し、現在は「Commodore USA」がライセンスを取得して、ほぼ同じデザインの復刻品(キーボード一体型ケースや自作PCキット)を販売している。

今回発売された「Commodore 64」は、同店がキーボード一体型ケースを独自に入手。それにゲーム機PCなどの改造でおなじみの店員M氏がMSI製Fusionマザー「E350IA-E45」(Mini-ITX)をベースに自作したもの。

20110804163000.jpg akiba20110803__389.jpg akiba20110803__377.jpg
akiba20110803__380.jpg akiba20110803__383.jpg akiba20110803__405.jpg akiba20110803__375.jpg
同店では、OSをインストールするだけで使える完成済みPCとして販売するが、筐体のみの販売も行うとのこと。ただし、自作する場合は、ネジが付属していなかったり、搭載できるマザーボードに制限があるなど、玄人向けの自作キットになっている

主なスペックは、メモリがDDR3-1333 4GB、HDDが500GB(2.5インチ/5400rpm)、光学ドライブが薄型DVDマルチ、電源がPico PSU 90W+60WのACアダプタ。なお、筐体には標準でカードリーダーや小型ファンが装備されている。

キーボードは、新たにカーソルキーに加えて、右側にファンクションキーを搭載。当時のキー構成から若干変更されているものの、長いスペースキーなどは搭載しており当時の雰囲気を残している。キースイッチはCherry社製を採用。レトロな打鍵感を実現している。

価格は、同店で79,800円(納期は2~3日)。キーボード一体型ケースのみの販売も行っており、その価格は39,800円となっている。マシン構成を変更することも可能で、相談も受け付けるという。


【関連記事】
PCパーツを冷却液に沈めて冷やす「油没PC」が登場! 予価60万円のハイエンドモデル(2011年07月29日)
FreeT店員Mの改造PC最新作は「ピピンアットマークPC」!(2011年06月17日)
Fusion APU搭載のノートPC! MSI「X370」発売(2011年04月16日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
Commodore USA


【取材協力ショップ】:PC DIY SHOP FreeT(フリート)

  • FusionベースのレトロPC「コモドール64」が発売! Cherry製キーボード採用

  • FusionベースのレトロPC「コモドール64」が発売! Cherry製キーボード採用

  • FusionベースのレトロPC「コモドール64」が発売! Cherry製キーボード採用

  • FusionベースのレトロPC「コモドール64」が発売! Cherry製キーボード採用

  • FusionベースのレトロPC「コモドール64」が発売! Cherry製キーボード採用

  • FusionベースのレトロPC「コモドール64」が発売! Cherry製キーボード採用

  • FusionベースのレトロPC「コモドール64」が発売! Cherry製キーボード採用