USB3.0/eSATA接続対応のRAIDアダプタ! 「RAID計画 壱号機改」発売

アキバ総研 | 2011年07月28日 15:00

4台のSATA接続HDDを使用してRAIDボリュームを構築できる、USB 3.0/eSATA接続のRAIDアダプタ「RAID計画 壱号機改」(型番:CMX-ESU3-SHE)がCMインダストリーから発売された。



「RAID計画 壱号機改」は、2010年に発売された「RAID計画 壱号機」の改良モデル。PCとの接続インターフェイスにUSB 3.0が追加されたのが主な違い。

このほか、OSに依存することなく作成できるRAIDボリュームやホットスペアのサポートは従来同様。対応RAIDレベルは0/1/3/5/10、JBOD、CLONE。

対応インターフェイスは、PCがUSB 3.0/eSATA、HDDがSerial ATA 3Gbps。電源コネクタはミニ4ピン。主な付属品は、電源ケーブル、PCIブラケット、HWRAID Manager アプリケーションなど。

価格は、パソコンハウス東映で12,800円。

20110728150000.jpg akiba20110727__882.jpg akiba20110727__879.jpg
akiba20110727__877.jpg akiba20110727__874.jpg

  • USB3.0/eSATA接続対応のRAIDアダプタ! 「RAID計画 壱号機改」発売

  • USB3.0/eSATA接続対応のRAIDアダプタ! 「RAID計画 壱号機改」発売

  • USB3.0/eSATA接続対応のRAIDアダプタ! 「RAID計画 壱号機改」発売

  • USB3.0/eSATA接続対応のRAIDアダプタ! 「RAID計画 壱号機改」発売

  • USB3.0/eSATA接続対応のRAIDアダプタ! 「RAID計画 壱号機改」発売