トラックバーを備えたリストレスト型入力デバイスが発売に! サンワサプライ製

アキバ総研 | 2011年06月09日 12:15

リストレスト型の入力デバイス「トラックバーエモーション」(型番:TB-R1U)がサンワサプライより発売された。



「トラックバーエモーション」は、マウスカーソルを操作できる棒状の「トラックバー」を備えた入力デバイス。本体は、リストレスト形状でキーボードの前に置いて使用。本体に備えられたトラックバーを前後左右に動かすことにより、マウスカーソルを操作できるのが特徴だ。

また本体には、左右クリック、スクロール、戻る/進むボタンも搭載。トラックバー+進むボタン+戻るボタンを3秒以上同時押しすることで、トラックバーにダブルクリック機能を割り当てることもできる。

同社によるとリストレスとマウス機能を一体化させたことで、「手の移動範囲を最小限に抑えることにより、腱鞘炎予防効果が期待できる」という。

20110609121500.jpg akiba20110604__509.jpg akiba20110604__508.jpg
akiba20110604__507.jpg akiba20110604__504.jpg

このほか、製品裏面にある「180°反転スイッチ」を押すことで、トラックバーを手前(本体を逆向き)にして操作可能(ただし、各種ボタンは反転しない)。また、マイク機能も内蔵している。本体サイズは280(幅)×32(高さ)×105(奥行)mm、重量300g。インターフェイスはUSB。

価格は、パソコンハウス東映で14,800円。


  • トラックバーを備えたリストレスト型入力デバイスが発売に! サンワサプライ製

  • トラックバーを備えたリストレスト型入力デバイスが発売に! サンワサプライ製

  • トラックバーを備えたリストレスト型入力デバイスが発売に! サンワサプライ製

  • トラックバーを備えたリストレスト型入力デバイスが発売に! サンワサプライ製

  • トラックバーを備えたリストレスト型入力デバイスが発売に! サンワサプライ製