オーバークロック専用をうたうX58搭載マザー! GIGABYTE「GA-X58A-OC」発売

アキバ総研 | 2011年05月12日 15:15

オーバークロック向けのチューニングなどを施したX58搭載マザーボード「GA-X58A-OC」がGIGABYTEから発売された。



GIGABYTE「GA-X58A-OC」は、X58+ICH10Rを搭載したLGA1366対応マザーボード。「オーバークロッカーがデザインした オーバークロッカーのためのマザーボード」(同社)で、多数のOC機能を搭載しているのが特徴だ。

ボード上には、CPUのクロック倍率やBCLK(ベースクロック)をアップダウンできるボタン、BCLKをカスタム調整(1MHzか0.3MHzに設定可)できる「OCギア」ボタン、自動的にCPUを4GHzにオーバークロックさせるという「4G Ready」ボタンが設置。いずれもリアルタイムで操作可能となっている。また、オンボード電圧測定モジュール、リセットボタン、デバッグLEDなども備えている。

20110512151500.jpg akiba20110511__790b.jpg akiba20110511__795a.jpg


CPU RationやBCLKをボタンを使って調節できる「OC-Touch」
akiba20110511__795c.jpg akiba20110511__791.jpg
OC-PEG

このほか、最大1500W入力に対応する8ピン×2基構成のCPU電源コネクタ、3-Way/4-WayのマルチGPU構成時に安定した電力供給が行えるというPCIe送電用のSATA補助電源コネクタ「OC-PEG」、ヒートシンクにLEDを搭載したCPU回りの冷却機構「OC-Cool」など、独自のチューニングも多数施されている。

主な仕様は、拡張スロットがPCI Express x16×2、PCI Express x16×2(x8動作)、PCI×1。各種オンボードデバイスには、8chサウンド、ギガビットLAN、SATA 6Gbps×2、SATA 3Gbps×6、USB 3.0×2を搭載する。対応メモリはDDR3-2200/1333/1066/800MHz(6スロット最大24GB)。

価格は、クレバリー1号店で38,980円、ツクモeX.とTWOTOP秋葉原本店で39,980円。


【関連記事】
ASUS製ゲーミングマザーの最上位モデル! 「Rampage III Black Edition」発売(2011年04月14日)
銃器風ヒートシンク搭載のゲーミングマザー! GIGABYTE「G1.Guerrilla」発売(2011年03月10日)
USB3.0/SATA3.0装備のインテル純正X58マザー! 「DX58SO2」「DX58OG」発売(2010年12月21日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ‐マザーボード
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
GIGABYTE
「GA-X58A-OC」製品情報


【取材協力ショップ】:ツクモeX.&クレバリー1号店&TWOTOP秋葉原本店

  • オーバークロック専用をうたうX58搭載マザー! GIGABYTE「GA-X58A-OC」発売

  • オーバークロック専用をうたうX58搭載マザー! GIGABYTE「GA-X58A-OC」発売

  • オーバークロック専用をうたうX58搭載マザー! GIGABYTE「GA-X58A-OC」発売

  • オーバークロック専用をうたうX58搭載マザー! GIGABYTE「GA-X58A-OC」発売

  • オーバークロック専用をうたうX58搭載マザー! GIGABYTE「GA-X58A-OC」発売