「Turion 64 X2」に65nm製造プロセスモデルが登場

アキバ総研 | 2007年05月11日 18:00

AMDのノートPC向けデュアルコアCPU「Turion 64 X2」に65nm製造プロセス版「Turion 64 X2 TL-64」が登場した。

従来モデルとの違いは、製造プロセスが90nmから65nmにシュリンクすることにより、35Wという省電力性はそのままに動作クロックを向上させている点となる。

また、同社からはデスクトップPC向けチップセット「AMD 690G/V」をベースにノートPCのバッテリ駆動時間を延ばす機能を搭載したモバイルPC向けチップセット「AMD M690T/V」が発表されている。

主な仕様だが、CPUソケットはSocket S1。動作クロックは2.2GHZz。2次キャッシュ容量が1MB(512KB×2)。TDPは35Wとなっている。

価格は「BLESS 秋葉原本店」で39,980円

20070511newpro_turion64x2_01.jpg 20070511newpro_turion64x2_02.jpg


  • 「Turion 64 X2」に65nm製造プロセスモデルが登場

  • 「Turion 64 X2」に65nm製造プロセスモデルが登場