Antec×MSIのコラボベアボーンキット! Fusion搭載の省スペースモデル

アキバ総研 | 2011年04月14日 15:00

Fusion APUを搭載した小型ベアボーンキット「ISK310-Fusion(MSI)」がリンクスインターナショナルから新発売となった。



「ISK310-Fusion(MSI)」は、Antec製Mini-ITXケース「ISK310-150」のなかに、MSIのFusion搭載マザーボードを組み込んだベアボーンキット。リンクスインターナショナルのオリジナルモデルとなっており、CPUに「AMD E-350」、チップセットに「A50M」(Hudson M1)を搭載する。

20110414150000.jpg akiba20110413__599b.jpg akiba20110413__599c.jpg

主な入出力端子は、HDMI/VGA、8chサウンド、ギガビットLAN、SATA 6Gbps×4、USB 3.0×2、eSATA(SATA×1を占有)など。対応メモリはDDR3-1333/1066(2スロット最大8GB)。拡張スロットはPCI Express x16×1(x4動作/ロープロファイル対応)を備える。ドライブベイはスリム型×1、2.5インチ×2。

akiba20110413__596.jpg akiba20110413__595.jpg

本体サイズは222(幅)×96(高さ)×328(奥行)mm、重量約4.1kg。ファンは80mm×1、搭載電源は容量150W。

価格は、TWOTOP秋葉原本店で21,780円。


  • Antec×MSIのコラボベアボーンキット! Fusion搭載の省スペースモデル

  • Antec×MSIのコラボベアボーンキット! Fusion搭載の省スペースモデル

  • Antec×MSIのコラボベアボーンキット! Fusion搭載の省スペースモデル

  • Antec×MSIのコラボベアボーンキット! Fusion搭載の省スペースモデル

  • Antec×MSIのコラボベアボーンキット! Fusion搭載の省スペースモデル