キー割り当て対応テンキーがサンワサプライから! モード切り替えも可能

アキバ総研 | 2011年02月17日 22:45

USB接続のテンキー「NT-19UH2BK」がサンワサプライから新発売となった。



「NT-19UH2BK」は、キー割り当てに対応したテンキー。「テンキーモード」「割付けモード」「NumLock解除モード」の3モードを備え、切り替えて使用できるのが特徴だ。

「テンキーモード」は本体上部の4つのキーに、「割付けモード」はEnterを除いたすべてのキーに、日本語109キーボードの任意のキーを割り当てられる。割付けは専用ソフトから操作。設定したキーは、本体内蔵のメモリに保存され、専用のドライバが入っていないPCでも利用できる。

モードの切り替えは本体上部の専用ボタンで行い、LED(赤/緑/消灯)によって動作モードがひと目でわかるようになっている。このほか、キートップは取り外し可能な無色透明のカバーで保護されている。

20110217224500.jpg akiba20110217__613a.jpg akiba20110217__605.jpg

主な仕様は、キー数が23、キースイッチがメンブレン、キーピッチが19mm、キーストロークが4.0±0.5mm。インターフェイスはUSBで、本体にはUSB 2.0対応ハブ(2ポート)を内蔵する。本体サイズは91(幅)×25(高さ)×156(奥行)mm、ケーブル長0.8m。

価格は、クレバリー2号店で3,780円。


  • キー割り当て対応テンキーがサンワサプライから! モード切り替えも可能

  • キー割り当て対応テンキーがサンワサプライから! モード切り替えも可能

  • キー割り当て対応テンキーがサンワサプライから! モード切り替えも可能