奥行き284mmのタワー型MicroATXケース! SilverStone「SST-FT03」発売

アキバ総研 | 2010年12月28日 20:45

四角い煙突のような形をしたタワー型PCケース「SST-FT03」がSilverStoneから新発売となった。



「SST-FT03」は、MicroATX対応の縦長PCケース。本体の前後側面にコネクタがないユニークなデザインが特徴だ。パネルはスロットイン用ドライブの挿入口がある前面と、通気口が用意されている左側面を除いて、ほかは全てフラットなデザインとなっている。

各種コネクタやマザーボードのバックパネルはケース上面に位置。エアフローはケース底面から上面に抜ける仕組みで、さながら本体は、見た目も、空気の流れも、煙突に似たものとなっている。

このほか、Mini-ITX対応キューブ型PCケース並みの占有面積(本体サイズは幅235mm×奥行248mm)でありながらも、ハイエンドクラスのビデオカード(最大約350mm)を搭載できるのもポイントだ。

20101228204500.jpg akiba20101228__359.jpg akiba20101228__358.jpg

CPUと拡張カードエリアにはそれぞれ120mmファンが1基装備されている。見た目以上に内部構造もユニークだ
3基備えられた3.5インチシャドウベイの内1基は、リムーバブルベイ(ホットスワップ対応)となっている
akiba20101228__351.jpg akiba20101228__354.jpg akiba20101228__369.jpg akiba20101228__362.jpg
各種コネクタやパワースイッチなどはケース上面に搭載される
光学ドライブベイはスロットイン型のみ対応
磁石で固定されている底面のエアフィルター。取り外しが簡単に行える

主な仕様は、ベイ数がスリム光学ドライブ×1、3.5インチシャドウ×3。上面のI/Oは、USB 3.0×2、AUDIO IN/OUT。拡張スロットは4基備えている。電源はATXをサポート(奥行180mmまで)。対応フォームファクターはMicroATX/Mini-DTX/Mini-ITX。本体サイズは235(幅)×487(高さ)×284(奥行)mm、重量約6.7kg。

ファンは上面に120mm×1(80/92mmファンを1基追加可能)、CPUエリア用に120mm×1、拡張カードエリア用に120mm×1(80mmファン×2基に換装可能)。

カラーは今回のブラックに加えて、シルバー(1月12日発売予定)も用意されている。

価格は、パソコンハウス東映で18,780円、ツクモeX.で18,800円。


【関連記事】
拡張性抜群のAV機器風PCケース! SilverStone「SST-ML03B」発売(2010年11月27日)
SilverStone製PCケース「RAVEN RV02-E」発売! 直進重視180mmファン×3基搭載(2010年11月06日)
「SilverStone新製品発表会」開催! 国内初披露の煙突構造ケースなど(2010年10月09日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ‐PCケース
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
SilverStone
「SST-FT03S」製品情報(代理店)


【取材協力ショップ】:ツクモeX.&パソコンハウス東映&ソフマップ 秋葉原リユース総合館&

  • 奥行き284mmのタワー型MicroATXケース! SilverStone「SST-FT03」発売

  • 奥行き284mmのタワー型MicroATXケース! SilverStone「SST-FT03」発売

  • 奥行き284mmのタワー型MicroATXケース! SilverStone「SST-FT03」発売

  • 奥行き284mmのタワー型MicroATXケース! SilverStone「SST-FT03」発売

  • 奥行き284mmのタワー型MicroATXケース! SilverStone「SST-FT03」発売

  • 奥行き284mmのタワー型MicroATXケース! SilverStone「SST-FT03」発売

  • 奥行き284mmのタワー型MicroATXケース! SilverStone「SST-FT03」発売