週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

アキバ総研 | 2010年10月17日 18:00

アキバ総研スタッフが秋葉原で食べたものをご紹介する「アキバメシ(秋葉原の食事処情報)」。



それ、チェイサー代わりっすか?w どうもアキバ総研でございます。

先日、大学時代の先輩と行きつけのショットバーで飲んでたんですが、

先輩:お前、いつもその変なニオイの"あんぱん"(=ズブロッカ)ばっか飲んでるけど、他のも試してみろよ(苦笑)
筆者:いやー、この香りがクセになるというか、旨いんですよ! てか、"正露丸"(=ラフロイグ)好きの先輩にそんなこと言われても説得力が(ry
先輩:なん…だと…?
筆者:…いや、サーセンwww

■2010年10月第2週

・特ロースかつ+セット@丸五(まるご)
・鱧(ハモ)と松茸の揚げ出汁と御飯のセット@花ぶさ
・桜エビと旬野菜のパスタ(月替わり)@chiocciol@pizzeria(キオッチョラ・ピッツェリア)
・肉野菜炒め定食@かんだ食堂
・イカ天そば@小諸そば 昌平橋店


という流れから、(筆者が)いろいろな種類のお酒を飲むことになりまして、気づいたら3時間程度で3万円以上飲んでました、というお話。

なんか無粋な飲み方をしてしまったなァ…と反省しております。

オチは特にありませんが、「タランチュラ」(テキーラ/35度)は甘いシトラスフレーバーで女性も飲みやすいと思いました。あと、「レモンハート 151」(ラム/75.5度)とかも。

akiba20101015-3583.jpg
akiba20101015-3582.jpg
20101017180000.jpg
akiba20101015-3587.jpg
 特ロースかつ+セット@丸五(まるご)




1,750円+400円。旧ザコン裏エリア、東映両店の中間にある老舗とんかつ屋。筆者が始めて行ったのは社会人になってからなのだが、それまで先人たちに何度、「丸五行ったら特ロースか特ヒレ食っとけ」と言われたことか…。おそらくこの格言の意味は、"なかなか行けない店なんだから一番旨いやつを食べておきなさい"もしくは、"(並と比べて)値段は数百円しか違わないけど肉質は大きく違うから激しくお得"といったところだろう。ちなみに、通常のロースかつ定食1,750円やヒレかつ定食2,000円にはご飯/赤だし味噌汁/漬物がつくが、特ロース1,750円や特ヒレ2,000円は単品扱いなので、別途400円のセット(ご飯&味噌汁&漬物)を頼む必要がある。

味のほうは、文句ナシ。分厚く切られたカツは、プリプリで驚くほどジューシー。初めて食べたときは、「本当に旨い豚肉」を食べたという衝撃で震えた記憶がある(笑)。衣は薄めだが、表面サクサク&中しっとり。自家製のフルーティーなソースも良いのだが、岩塩やしょうゆで食べても脂の甘みが際立つのでオススメ。もちろん、レモンやカラシも。そのほか、らっきょ、梅干、野菜用ドレッシングもあり、食前にはぬるめの緑茶が、食後には熱いジャスミン茶が出されるなど、接客姿勢もていねい。値段分、いやそれ以上の満足感が得られる。結論として、「丸五行ったら特ロースか特ヒレ」で間違いないハズ





akiba20101002__816.jpg
akiba20101002__821.jpg
akiba20101002__823.jpg
akiba20101002__825.jpg
 鱧(ハモ)と松茸の揚げ出汁と御飯のセット@花ぶさ


1,000円。末広町方面、湯島側の路地裏にある小料理屋。「鱧(ハモ)と松茸の揚げ出汁と御飯のセット」は、純和風の定食。ハモと松茸の天ぷらを、しょうゆで味付けしたダシにつけていただく。ハモは一口サイズで、箸で簡単に切れるほどやわらかく、甘くてふんわりとした味わいがある。また、臭みもなくて食べやすい。松茸はスライスされており、量はそれなりにあったが、松茸の香りはあまり感じられなかった。ただ、コリコリとした歯ごたえは良い。お通しとしてお新香と煮物が、食後のデザートとしておしるこが付く。秋の味覚を楽しめる手頃なセットだった




akiba20101008__154.jpg
akiba20101008__157.jpg
akiba20101008__159.jpg
akiba20101008__161.jpg
 桜エビと旬野菜のパスタ(月替わり)@chiocciol@pizzeria(キオッチョラ・ピッツェリア)




800円。UDX1Fにあるイタリアン料理店。昼・夜ともに本格的なイタリアンを楽しめるらしい。今回の月替わりのパスタは、桜エビとチンゲンサイを混ぜ合わせた和風系のもの。濃い目の味付けながら、桜エビの風味がよく活きていた。パスタのゆで加減は、アルデンテより少しやわらかい印象(芯をほとんど感じない)で、野菜のシャキシャキ感が際立っていた。パスタのほか、イタリアンドレッシングが掛かったサラダ、香草の風味があるパンなどが付いてくる





akiba20100929-2829.jpg
akiba20100929-2830.jpg
akiba20101005-3052.jpg
 肉野菜炒め定食@かんだ食堂  イカ天そば@小諸そば 昌平橋店


 

730円。ツクモeX.、ドンキ、UDX付近にあるおなじみのガッツリ系老舗定食屋。無性に「肉野菜炒め定食」が食べたくなったので注文。そもそもご飯の器&盛りが多いので、画像ではわかりにくいかもしれないが、大量の肉野菜炒めが出てくる。むしろ、ご飯がおかず状態。味付けはシンプルで、炒めた香ばしさと野菜のシャキシャキ感が感じられる

330円。ここ最近は、ハズレ(揚げ置きのモサモサ系イカ天)ばかりを引いてる…残念(※店/料理の説明は過去ログにたっぷりあるので割愛)




  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

  • 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2010年10月第2週号

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)