みんなで投票する!アニメ人気投票

未来編/絶望編キャラクター人気投票

未来編/絶望編キャラクター人気投票

投票受付期間:2016年7月9日~2016年10月10日

候補数:30

投票可能回数:3

候補追加・編集:すべてのユーザーが可能

作成者:兄マックス

投票は終了しました 1987

すいません。苗木・モノクマ・モノミを除いて投票しよう!

  • 1

    七海 千秋(ななみ ちあき) 声 - 花澤香菜

    七海 千秋(ななみ ちあき) 声 - 花澤香菜

    『絶望編』の主要登場キャラクターの一人。超高校級の「ゲーマー」。服装は希望ヶ峰学園の制服で、上着の中にクリーム色のパーカーを着込んでいる。 協調性のないクラスの雰囲気に馴染めず落ち込んでいたが、雪染の叱咤激励によりゲームを使った親睦会を開くなど積極的にクラスメイトとの交流を深めたことで信頼を集め、学級委員に選出される。 偶然出会った日向創を気にかけ、一緒にゲームで遊ぶなど友人関係となる。日向がカムクライズルとなったことや「日向創」としては退学処分になったことを知らず、学園や本科との軋轢を深めていく予備学科の様子を見て、突如姿を消した日向の身を案じている。 江ノ島盾子との遭遇の際、その場に現れた「カムクライズル」が日向であることに気付き衝撃を受ける。その後は狛枝を連れて地下施設を脱出し、自分たちを逃がして盾子に囚われた雪染の救出のため、クラスメイトを連れて地下施設へと戻る。

    262
  • 2

    花村 輝々(はなむら てるてる) 声 - 福山潤

    花村 輝々(はなむら てるてる) 声 - 福山潤

    超高校級の「料理人」。服装は『スーパーダンガンロンパ2』と同様。 きわどい下ネタが好きで、周りから強烈なツッコミを浴びる。高校級の薬剤師である忌村静子とは、ドーピングスープを共同開発するなど交流がある。

    213
  • 3

    霧切 響子(きりぎり きょうこ) 声 - 日笠陽子

    霧切 響子(きりぎり きょうこ) 声 - 日笠陽子

    NG行動 - 苗木誠が生存したまま4回目のタイムリミットを迎える。 希望ヶ峰学園の78期生で、元・超高校級の「探偵」。未来機関では、第十四支部支部長を務める。 苗木と同期の元クラスメイトであり、初代『ダンガンロンパ』で描かれた「コロシアイ」を苗木と共に生き残った人物の1人。 旧作での姿から髪型を変え、片側の三つ編みをなくし後ろ髪をリボンでまとめている。服装はプリーツ付きのブラウスの上に未来機関の黒いジャケットを羽織っており、黒紫色の膝上丈のタイトスカートを着用している。未来機関のメンバーに対しては少々警戒心を持っているが、同期の苗木や朝日奈のことは信用している。苗木処分反対派。 《KOROSIAI GAME》開始後も冷静に行動し、メンバー同士の殺し合いの真相や自分たちが置かれている状況の的確な推理をしていたが、4回目のタイムリミットと同時にNG行動違反により死亡する。苗木のことを信じており、彼を生かしておくことで自分が死ぬことを知りつつもそれを明かさず、タイムリミットの直前には「何があっても絶対に希望を諦めないで」と言い残していた。

    199
  • 4

    逆蔵 十三(さかくら じゅうぞう) 声 - 諏訪部順一

    逆蔵 十三(さかくら じゅうぞう) 声 - 諏訪部順一

    希望ヶ峰学園の74期生で、元・超高校級の「ボクサー」。鋭い目付きをした筋肉質の男性。 未来編・絶望編どちらも良心がないわけではないが、必要以上に差別的・攻撃的な言動を取ったり暴力的手段に訴えがちなために人の誤解を受けやすいタイプであり、理解者である宗方や雪染には深い信頼を寄せている。 未来編 未来機関の第六支部支部長を務める。 タンクトップ姿の上から長いコートを羽織っている。雪染と同じく宗方の同期であり、宗方の代わりに「汚れ役」を受け持っている。 絶望となった人々には宗方以上に強く過激な敵意を剥き出しにしており、苗木のような絶望に味方する人間も含めて全員殺してしまえばいいと主張している。 絶望編 『絶望編』第1話で高校生時代の彼と思われる写真が登場しており『絶望編』第3話から本格的に登場する。希望ヶ峰学園の警備部の責任者を務めており、警備部の制服を着崩している。雪染と同じく希望ヶ峰学園の内部調査を行っている。

    147
  • 5

    狛枝 凪斗(こまえだ なぎと) 声 - 緒方恵美

    狛枝 凪斗(こまえだ なぎと) 声 - 緒方恵美

    超高校級の「幸運」。服装は希望ヶ峰学園の制服で、上着の中にセーターを着ている。 第4話で、予備学科で起きた事件の影響でクラスメイトたちが万全な状態ではないとして実技試験を延期させようと目論み、体育館爆破事件を誘発させたとして無期限の停学、その後行方不明となる。 第8話で約1年ぶりに学園に復帰し、姿を消した罪木を案じるクラスメイトに彼女の目撃情報を告げるが、手分けして罪木を捜している際に隠し通路を発見し、七海と2人でその先の地下施設に足を踏み入れた結果、本物の御手洗亮太や江ノ島盾子、そしてカムクライズルに遭遇する。 以前から盾子の危険性を察知しており、停学中に海外で手に入れた拳銃で彼女を撃とうとするが、カムクラの「幸運」により失敗する。拳銃を奪ったカムクラからの銃撃は電子生徒手帳に直撃して止まるという「幸運」で防いだが、胸への衝撃によってダメージを受け、七海に連れられその場から撤退した。

    138
  • 6

    月光々原 美彩(げっこうがはら みあや) 声 - モノミ

    月光々原 美彩(げっこうがはら みあや) 声 - モノミ

    NG行動 - 右折行動を行う(旋回は可)。 本作の新キャラクターの1人。学園での期生数は不明。元・超高校級の「セラピスト」。未来機関では、第七支部支部長を務める。 赤い厚手のマフラーで口を覆った小柄な女性。セラピストとして「新世界プログラム」の開発に携わった。 極度の人見知りであるため、一切口を開くことが無い。モニターやキーボードが据え付けられた大型の電動車椅子に乗って移動し、モニターに表示したプログラム「モノミ」を利用して会話をする。中立派。 実は、《KOROSIAI GAME》に参加している月光ヶ原は塔和モナカが遠隔操作する精巧なロボットであり、本物は既に殺害されている。マフラーや車椅子もロボットを構成するパーツの一部であり、前者は補助腕に、後者は火器などを搭載した多機能武装になる。 モナカが塔和シティから逃亡した後は放棄されたが、自律機動に移行し宗方と遭遇・交戦する。最終的に、胸部に内蔵された端末を奪われた上で破壊される。

    108
  • 7

    日向 創(ひなた はじめ) 声 - 高山みなみ

    日向 創(ひなた はじめ) 声 - 高山みなみ

    『絶望編』の主人公の一人。希望ヶ峰学園予備学科生。超高校級の才能を持った本科生になることが夢であったがそれが適わず予備学科にいる事に劣等感を抱いている。 才能への憧れが強すぎるため、向上心のない予備学科の雰囲気にも馴染めずに一人でいることが多いが、ゲーム関連で七海と交流を持つ。 七海と交流を深めたことで才能へのコンプレックスは和らいでいたが、才能がなければ兄の隣に並ぶ資格がないと思い悩む菜摘との会話や、菜摘やサトウの死、逆蔵の挑発的な態度により、自身が「カムクライズル」になることを決意する。 『未来編』では絶望の残党の中に「カムクライズル」の姿で写っていた。

    102
  • 8

    安藤 流流歌(あんどう るるか) 声 - 水瀬いのり

    安藤 流流歌(あんどう るるか) 声 - 水瀬いのり

    希望ヶ峰学園の76期生で、元・超高校級の「お菓子職人」。作るお菓子には麻薬並みの中毒性があるとも言われており、十六夜に食べさせている。 忌村とは幼馴染の関係であるが、忌村が薬剤の副作用を理由に自分のお菓子を食べないことで「菓子作りしか取り柄がない」というコンプレックスを刺激されたことや、忌村が菓子を食べられない埋め合わせとして過剰に尽くすようになったことで関係は歪み、希望ヶ峰学園退学を機に決裂している。 未来編 未来機関の第八支部支部長を務める。 「裏切り」を何よりも嫌っており、同期の忌村に対しては過去に自分たちを裏切ったとして嫌悪を剥き出しにしている。 十六夜に朝日奈を威嚇させたり、自らのNG行動を明かして協力を呼びかけた苗木の演説を冷笑したり、忌村が菓子を食べられない理由を知りながら、彼女のNG行動に気付いた際には見逃して欲しいならば菓子を食べるか宗方を殺害しろと強要するなど、冷酷非道な人物である。 絶望編 狛枝の幸運による災難に巻き込まれ退学処分となる。実技試験での爆破事件について忌村が自分を陥れたと思い込んでおり、以来険悪な関係となっている。

    78
  • 9

    十六夜 惣之助(いざよい そうのすけ) 声 - 江口拓也

    十六夜 惣之助(いざよい そうのすけ) 声 - 江口拓也

    希望ヶ峰学園の76期生で、元・超高校級の「鍛冶屋」。未来機関の武器開発を担っており、コートの裏には様々な暗器が仕込まれている。 安藤とは幼馴染の恋人同士であり、彼女の作った菓子の美味しさを「おいちい」と表現する癖がある。子供の頃からよく流流歌を枕代わりにして寝ている。 未来編 未来機関の第九支部支部長を務める。 全身を包む赤いコートが特徴の男性。無口で、同期である安藤と以外は交流しようとしない。同じく同期の忌村に対しては、過去に「裏切り」を受けたことから安藤同様嫌悪感を抱いている。苗木処分賛成派。 静子を殺害する武器を持ってくる途中に、倒れた本棚にあった秘密の出入口を発見する。安藤のお菓子をよく食べているが、コロシアイを開始してからは食べないでいる。 絶望編 『絶望編』第4話に登場。希望ヶ峰学園の生徒。 狛枝の幸運による災難に巻き込まれ退学処分となる。

    64
  • 10

    雪染 ちさ(ゆきぞめ - ) 声 - 中原麻衣

    雪染 ちさ(ゆきぞめ - ) 声 - 中原麻衣

    希望ヶ峰学園の74期生で、元・超高校級の「家政婦」。 ポニーテールが特徴の女性で、常に笑顔を絶やさず明るい雰囲気を振りまいている。超高校級の家政婦の能力として、一般的な家政婦としての技能の他に、何かと決定的場面を目撃するという特性も持っている。 未来編 未来機関の第五支部支部長を務める。白衣を着ている。 同級生である宗方のことを大変好いており、命懸けで尽力する覚悟を持っている。ただし、苗木の処遇については宗方と異なる意見を持っており、宗方と苗木の相互理解を望み中立派に落ち着いている。 他の未来機関支部長たちと共に即効性の催眠ガスによって眠らされたあと、何者かによってカッターで胸を刺され天井から吊られたシャンデリアに全身を貫かれた状態で死亡しているのが発見される。モノクマはこれと同時にコロシアイの開始を宣言し、物語は幕を開けることになる。 絶望編 『絶望編』の主人公。なお、『絶望編』の冒頭には『未来編』の彼女が死亡しているシーンが映っていた。 希望ヶ峰学園77期生第1クラスの副担任として赴任した新任教師。未来編とは着ている衣装が異なる。

    58
  • 11

    封印されし田中(ふういん - たなか) 声 - 杉田智和

    封印されし田中(ふういん - たなか) 声 - 杉田智和

    超高校級の「飼育委員」。服装は希望ヶ峰学園の制服だが、『スーパーダンガンロンパ2』と同じデザインのTシャツの上からブレザーを羽織っており、首にはストールを巻いている。また、髪型が前髪を下ろしたものに変わっている。『スーパーダンガンロンパ2』での名前は「田中眼蛇夢」だったが、忌み名として封印している。 第7話でグリズリーを教室に入れている。

    57
  • 12

    左右田 和一(そうだ かずいち) 声 - 細谷佳正

    左右田 和一(そうだ かずいち) 声 - 細谷佳正

    超高校級の「メカニック」。服装は『スーパーダンガンロンパ2』と同様のツナギだが、色が青になっている。 ソニアに好意を抱いているが、本人からは敬遠されている。

    50
  • 12

    罪木蜜柑(つみき みかん) 声 - 茅野愛衣

    罪木蜜柑(つみき みかん) 声 - 茅野愛衣

    超高校級の「保健委員」。服装は希望ヶ峰学園の制服。 78期生の入学式前日に、体調を崩した本物の御手洗の看護を超高校級の詐欺師に頼まれ、御手洗と超高校級の詐欺師との関係を打ち明けられる。 御手洗の見舞いに行った際にむくろと遭遇したことで御手洗の手伝いという名目で軟禁され、盾子が作成した未完成の洗脳用ビデオを見たことで完全に絶望的思想に感化される。

    50
  • 14

    黄桜 公一(きざくら こういち) 声 - 藤原啓治

    黄桜 公一(きざくら こういち) 声 - 藤原啓治

    元・希望ヶ峰学園の「生徒スカウトマン」。つば広の帽子を被った壮年の男性。 未来編 未来機関の第三支部支部長を務める。 天願とともに、苗木たちを未来機関にスカウトした人物でもある。天願同様、苗木処分反対派。 「KOROSIAI GAME」開始直後は単独行動していたが、後に霧切と御手洗と合流しともに行動している。 軽口が多く軽薄そうな性格だが、宗方が裏切者が誰か多数決した際、月光ヶ原(モナカ)に指差しているなど、鋭い一面がある。 絶望編 希望ヶ峰学園スカウト兼本科教員、77期生第1クラス担任として登場。ただし、酒好きが高じて頻繁に二日酔いを起こすことやスカウト業務の多忙さのため、担任としての役割は実質的に雪染に一任している。第4話における実技試験での体育館爆破事件の責任を取って謹慎処分を受け、半年後スカウト主任に転属。 学園長の霧切仁とは、上司と部下であると同時に古くからの友人でもある。また、仁から「もし自分に何かあったら、娘の事は頼む」と大規模デモ発生前に約束している。

    44
  • 15

    宗方 京助(むなかた きょうすけ) 声 - 森川智之

    宗方 京助(むなかた きょうすけ) 声 - 森川智之

    NG行動 - 全種類の扉を手で開ける。 本作の新キャラクターの一人。希望ヶ峰学園の74期生で、元・超高校級の「生徒会長」。 『未来編』では、未来機関の副会長であるとともに、第二支部支部長を務める。 長身に白いスーツ姿が特徴の男性。冷静かつ淡々と物事を処理する能力と優れたカリスマ性を持ち合わせ、現在の未来機関における実権を握っている。 「超高校級の『絶望』」に対しては強い憎しみと怒りを抱いており、苗木の処刑賛成派の中心人物でもある。 『絶望編』では、学園卒業後に希望ヶ峰学園海外展開の責任者となったため学園には不在。学園上層部の不穏な動きに危機感を感じており、自らの発言力を強めるために海外展開成功を目指す一方、雪染に学園上層部の内偵を依頼している。

    42
  • 16

    朝日奈 葵(あさひな あおい) 声 - 斎藤千和

    朝日奈 葵(あさひな あおい) 声 - 斎藤千和

    NG行動 - パンチ、キックを受ける。 希望ヶ峰学園の78期生で、元・超高校級の「スイマー」。未来機関では、第十三支部に一般構成員として属している。 苗木と同期の元クラスメイトであり、初代『ダンガンロンパ』で描かれた「コロシアイ」を苗木と共に生き残った人物の1人。 服装はスニーカーとホットパンツに上半身は未来機関の黒いスーツというスタイルだったが、後述の悪戯で汚れてしまったためシャツとジャケットを脱ぎ、第3話以降はタンクトップにホットパンツの姿で行動している。 本来会議に出席する立場ではないのだが、第十三支部支部長の代理として出席し、事態に巻き込まれた。霧切のことは以前は「霧切ちゃん」と呼んでいたが、「響子ちゃん」と呼ぶようになっている。苗木処分反対派。 《KOROSIAI GAME》では苗木を宗方たちから守るため共に行動し、NG行動で走れない苗木をおぶったり囮になったりしている。2度目の襲撃タイムではモナカにマジックナイフとトマトソースで殺されたように見せかけられるという悪戯を受けた。

    39
  • 17

    忌村 静子(きむら しずこ) 声 - 藤田咲

    忌村 静子(きむら しずこ) 声 - 藤田咲

    NG行動 - 自分の影を踏まれる 希望ヶ峰学園の76期生で、元・超高校級の「薬剤師」。 『未来編』では苗木処分に賛成をしたりもしているが根は心優しい性格の持ち主である。 安藤とは幼馴染の関係であるが、服用している薬剤の副作用によって糖分を摂取すると生命に危機が及ぶ状態であるため、彼女の菓子を食べることができない。 未来編 未来機関の第四支部支部長を務める。希望ヶ峰学園退学で打ちひしがれていた頃に救ってくれた恩人として、宗方を尊敬している。 苗木たちを逃がそうとした月光ヶ原の攻撃の余波で安藤を見失い、身体能力向上薬の効果も切れた直後の2度目の襲撃タイムに襲撃され5人目の犠牲者となる。 絶望編 実技試験に臨む安藤に頼み込まれ、自分が開発した身体能力向上作用のある新薬を提供する予定だったものの、試験を延期させようとした狛枝凪斗の幸運による災難に巻き込まれる。その騒動で結果的に体育館爆破事件を起こしてしまい、安藤、十六夜と共に学園を退学処分となる。その際安藤に「裏切り者」と罵倒されたことから、安藤が自分を利用するだけ利用した挙句に見捨てたと考え険悪な関係となっている。

    37
  • 18

    御手洗 亮太(みたらい りょうた) 声 - 本郷奏多

    御手洗 亮太(みたらい りょうた) 声 - 本郷奏多

    気弱ではあるが正義感の強い性格の男性。 未来編 未来機関の第十支部支部長を務める。やや小柄で細身の体型で、三白眼であり目元には隈ができている。 未来機関には、苗木らと同じく天願からのスカウトで加入している。 世界を絶望から救い希望にあふれた世界に戻す熱意に溢れている。苗木処分反対派。 絶望編 希望ヶ峰学園の77期生で、超高校級の「アニメーター」。本人は自宅でアニメを作り続けており、代わりに「超高校級の詐欺師」が学園に通っている。 いじめに遭っていた幼い頃にアニメが唯一の心の救いであったことから、「誰かの心を救えるアニメを制作する」という夢に執着しており、アニメ制作に関係のない全ての事柄を疎んじている。

    31
  • 19

    辺古山 ペコ(ぺこやま ペコ) 声 - 三石琴乃

    辺古山 ペコ(ぺこやま ペコ) 声 - 三石琴乃

    超高校級の「剣道家」。服装は希望ヶ峰学園の制服だが、上着は着用しない。 その正体は九頭龍組に所属するヒットマンであり、九頭龍組の跡継ぎである冬彦の護衛を任務としている。

    30
  • 20

    西園寺 日寄子(さいおんじ ひよこ) 声 - 三森すずこ

    西園寺 日寄子(さいおんじ ひよこ) 声 - 三森すずこ

    超高校級の「日本舞踊家」。服装は『スーパーダンガンロンパ2』のものに似た黄色系の着物で、髪型がツインテールからポニーテールに変わっている。 成長期が来たらしく、雪染が予備学科に異動していた半年間の間に背が急速に伸びた。

    29
  • 21

    ソニア・ネヴァーマインド 声 - 荒川美穂

    ソニア・ネヴァーマインド 声 - 荒川美穂

    超高校級の「王女」。服装は希望ヶ峰学園の制服で、髪型は編み込みのない普通のロングヘアにカチューシャを付けたものになっている。

    25
  • 21

    九頭龍 冬彦(くずりゅう ふゆひこ) 声 - 岸尾だいすけ

    九頭龍 冬彦(くずりゅう ふゆひこ) 声 - 岸尾だいすけ

    超高校級の「極道」。希望ヶ峰学園の制服ではなく、黒いスラックスとチェック柄のベストを着用している。 口は悪いが義理堅く律儀な性格であり、授業の参加が自由である中、男子生徒で唯一参加している。

    25
  • 23

    万代 大作(ばんだい だいさく) 声 - 釘宮理恵

    万代 大作(ばんだい だいさく) 声 - 釘宮理恵

    NGコード - 参加者の暴力を目撃する。 希望ヶ峰学園の66期生で、元・超高校級の「農家」。未来機関では、第十一支部支部長を務める。 大柄な身体とアフロヘア、口を囲むような髭が特徴の壮年男性。容姿にまったく似つかわしくない高い声をしている。 比較的マイペースな性格で、事態を自作のことわざで表現するが、当人以外には全く意味がわからない。中立派。 コロシアイ開始後、御手洗の態度に苛立った逆蔵が彼を蹴って暴行を加える場面を目撃してしまい、NGコードに接触したとして2人目の犠牲者となる。

    24
  • 23

    澪田 唯吹(みおだ いぶき) 声 - 小清水亜美

    澪田 唯吹(みおだ いぶき) 声 - 小清水亜美

    超高校級の「軽音楽部」。服装は『スーパーダンガンロンパ2』のものでも希望ヶ峰学園の制服でもなく、白いワイシャツとピンクのネクタイに黒いスカートを着用し、骨の模様が入った黒いタイツを履いている。

    24
  • 25

    グレート・ゴズ 声 - 三宅健太

    グレート・ゴズ 声 - 三宅健太

    希望ヶ峰学園の69期生で、元・超高校級の「レスラー」。未来機関では、第十二支部支部長を務める。 牛を象ったマスクを被った大柄な男。未来機関では、会長である天願のボディーガード役も務めている。 肩書や容姿のイメージとは裏腹に、物腰穏やかで苗木らの処遇にも冷静な態度を貫いているが、感情が高ぶると荒々しい態度を見せ口調も熱血漢らしいものへと変わる。苗木処分反対派。 コロシアイ開始後最初の襲撃タイムのあと、ナイフで胸を刺されると同時に天井にロープで釣り上げられ、正真正銘の3人目の犠牲者となる。

    21
  • 26

    弐大 猫丸(にだい ねこまる) 声 - 安元洋貴

    弐大 猫丸(にだい ねこまる) 声 - 安元洋貴

    超高校級の「マネージャー」。服装は『スーパーダンガンロンパ2』と同様。

    19
  • 27

    天願 和夫(てんがん かずお) 声 - 柴田秀勝

    天願 和夫(てんがん かずお) 声 - 柴田秀勝

    NG行動 - 質問に嘘で答える 元・希望ヶ峰学園の「学園長」。やや腰の曲がった初老の男性。 未来編 未来機関の会長であるとともに、第一支部支部長を務める。 未来機関のリーダーであり中心人物であるとともに、黄桜と共に苗木達を未来機関にスカウトした人物でもあるが、未来機関の実権は宗方に奪われてしまっている。 絶望となってしまった人々に対する殲滅活動は行き過ぎていると感じており、苗木の処刑に対しても穏健な立場を貫いている。好々爺を装ってはいるが、その実態は袖口に仕込んだ連射式の袖箭と体術による戦闘を得意とする古強者である。 捨て身の行動により、重傷を負いつつも宗方に自らの考えと襲撃者に関する情報を告げる機会を得るが、衝撃的な真実を知ってもなお自らの考えを曲げなかった宗方に喉元を切り裂かれ、4人目の犠牲者となる。 絶望編 元学園長として希望ヶ峰学園の相談役を務めている。日向創とは入学前から面識がある。

    18
  • 27

    小泉 真昼(こいずみ まひる) 声 - 小林ゆう

    小泉 真昼(こいずみ まひる) 声 - 小林ゆう

    超高校級の「写真家」。服装は希望ヶ峰学園の制服。

    18
  • 27

    葉隠 康比呂(はがくれ やすひろ) 声 - 松風雅也

    葉隠 康比呂(はがくれ やすひろ) 声 - 松風雅也

    希望ヶ峰学園の78期生で、元・超高校級の「占い師」(ただし的中率は3割[注 2])。未来機関では、第十四支部に一般構成員として属している。 苗木と同期の元クラスメイトであり、初代『ダンガンロンパ』で描かれた「コロシアイ」を苗木と共に生き残った人物の1人。 旧作での姿から格好を変え、眼鏡をかけた上で最大の特徴であるドレッドヘアを後ろで束ねている。服装は未来機関の黒いスーツだが、スラックスの裾をロールアップしたり、ジャケットに袖を通さす両肩に羽織っていたりと着崩している。 苗木たちと一緒に極秘施設を訪れたが、待機を命じられて建物内部に入らなかったため、《KOROSIAI GAME》に唯一巻き込まれずに済んでいる。 襲撃された建物内に閉じ込められた苗木たちを助け出そうと潜入を試みるが、襲撃者の一味が操る戦闘ヘリにより阻まれている。以降は、ヘリの襲撃から逃げながら、内部へと侵入できる方法を探っていた。 駆け付けた十神たちに助けられるとそのまま合流し、極秘施設の侵入を目指す。

    18
  • 30

    終里 赤音(おわり あかね) 声 - 朴璐美

    終里 赤音(おわり あかね) 声 - 朴璐美

    超高校級の「体操部」。服装は『スーパーダンガンロンパ2』と同様だが、髪が伸びている。

    17

ログイン/会員登録をしてコメントしよう!