みんなで投票する!アニメ人気投票

R(リターン)の人気投票

R(リターン)の人気投票

投票受付期間:2017年10月26日~2017年11月26日

候補数:6

投票可能回数:3

候補追加・編集:すべてのユーザーが可能

作成者:兄マックス

394

意外とリターンは少ないかも。

  • 1

    干物妹!うまるちゃんR

    干物妹!うまるちゃんR

    <あらすじ>外では、誰もがうらやむ才色兼備の「美妹」が、家に帰れば、誰も知らないグータラ三昧の「干物妹」に…!? グータラを極めた干物妹・うまるが、コーラとポテイトを片手に、漫画やゲーム、アニメ、ネットサーフィン…、一緒に暮らす兄・タイヘイを横目に、欲望の赴くままに突き進む! クラスメイトの海老名、きりえ、シルフィンとの絆も深まり、うまるの日常はますますにぎやかにっ!!!

  • 2

    美少女戦士セーラームーンR

  • 3

    K RETURN OF KINGS

    K RETURN OF KINGS

    <あらすじ>現実とは微妙に異なった歴史を歩んだ現代日本。そこには巨大な異能の力を持つ7人の《王》が存在していた。彼らは自らの力を分け与えたクランズマンたちと共にクランを形成する。青く結晶する秩序、荒ぶる赤き炎、白銀に輝く不変、そして、緑に枝分かれする変革。それぞれの属性を持つ《王》たちは今――。青のクラン《セプター4》を率いる《青の王》宗像礼司は多くの重責を担っていた。《黄金の王》國常路大覚の管理下にあった御柱タワーおよび、《王》を生む謎の聖遺物であるドレスデン石盤も、今では宗像礼司の下にある。そして先代《赤の王》周防尊を殺めたことにより生じた《王》殺しの負荷。一方、赤のクラン《吠舞羅》のクランズマンであった櫛名アンナは、緑のクラン《jungle》による御柱タワー襲撃を経て、新たな《赤の王》として覚醒し、《吠舞羅》の仲間たちと再び強固な絆を結んでいた。そして白銀のクランズマン、ネコと夜刀神狗朗は、《白銀の王》伊佐那社の生存を信じ、彼の行方を探している。しかし《白銀の王》を探しているのは彼らだけではなかった。《緑の王》比水流もまた――。活性化する《jungle》の動きをきっかけに、再び《王》たちの運命がより合わさる。

  • 4

    金田一少年の事件簿R

    金田一少年の事件簿R

    <あらすじ>名探偵・金田一耕助の孫、金田一一(はじめ)。普段は冴えない高校生だが、事件が起きると幼馴染みの七瀬美雪、仲の良い剣持警部、ライバルの明智警視らと共に抜群の推理力で難事件を解決していく。

  • 5

    スレイヤーズRETURN

    スレイヤーズRETURN

    <あらすじ>とある宿場町、あいも変わらずつまらないことで喧嘩していたリナとナーガの前に、1人の傷ついた少女が現れる。ある日、レッサー・デーモンを連れた男が村にやってきて、村人を脅して無理矢理働かせ始めたのだと言う。ビアズというその村の名前に聞き覚えのあったリナは、一味を追い出して欲しいという少女・サリーナの頼みを聞くことにした。劇場版2作目!

  • 6

    スレイヤーズEVOLUTION-R

    スレイヤーズEVOLUTION-R

    <あらすじ>ルヴィナガルド王国で勃発した事件に巻き込まれたリナたち。事件の首謀者であるジョコンダ侯爵が死亡し、彼女に協力していたデュクリスが呼び覚ました伝説の魔獣・ザナッファーを倒したことから、事件は一応の解決に至ったかに見えた。しかしリナたちには、タフォーラシアの封印を解き、永き眠りについているタフォーラシアの人々を救うという仕事が残されていた。タフォーラシアの人々を救うためには、彼らに術を施した赤法師・レゾの魂が眠る“冥王の壺”を探し出さねばならない。セイルーン・魔道士協会図書室で、膨大な蔵書の中から、“冥王の壺”の手がかりを探していたのだが……。

ログイン/会員登録をしてコメントしよう!

CASSE NOISETTE
[2017-11-02 22:13:16]
『K』の2期と、スレイヤーズの テレビアニメ5期&劇場版2作目。追加させていただきました♪
ティゼ
[2017-10-27 11:28:19]
兄マックス さん:了解です!また思いついたら出します^^
兄マックス
[2017-10-27 00:34:45]
ティゼさん、追加ありがとー。すいません、復帰のRリターンなので、R-15は削除します。
ティゼ
[2017-10-26 20:10:45]
『セーラームーンR』と『R-15』を追加しましたが、『R-15』はこの場合どうなのか微妙なので、
違ってたら削除しといてください^^
特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • アキバ総研15周年大感謝祭
  • 「ネト充のススメ」特集
  • 2018 春アニメ
  • 2018 冬アニメ
  • 2017 秋アニメ
  • 2017 夏アニメ