スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン

アニメ映画
開始時期:
2012年夏
上映開始日:
2012年7月21日
制作会社:
SOLA DIGITAL ARTS
ジャンル:
SF
スタッフ:
監督:荒牧伸志、脚本:フリント・ディル、プロデューサー:ジョセフ・チョウ、ストーリー:荒牧伸志/ジョセフ・チョウ/河田成人、製作総指揮:エドワード・ニューマイヤー/キャスパー・ヴァン・ディーン、CGプロデューサー:河田成人、音楽:高橋哲也、提供:STAGE 6 FILMS、字幕翻訳:小寺陽子/G

小惑星上にある地球連邦軍の砦フォート・ケイシーが、昆虫のような姿をした連星クレンダスの惑星に生息するバグによる攻撃を受けた。強襲艦アレジア号の兵士たちが到着したときには砦は混乱をきたしており、超能力戦略担当大臣カール・ジェンキンスは重要な貨物とともに戦艦ジョン・A・ウォーデン号を半ば強引に自らの指揮下に置き女性艦長カルメン・イバネスを残して逃げる。 アレジア号の兵士たちはすんでのところでカルメンや砦を守っていたK-12部隊のわずかな生存者を救出。生存者の中には、部下を守ろうとしてカールの命令に背き反逆罪に問われているヒーローと呼ばれる囚人ヘンリー・ヴァロー大佐もいた。砦から脱出したアレジア号に、今や将軍となった戦士ジョニー・リコから、行方不明になったジョン・A・ウォーデン号の捜索と調査をするよう命令がくだる。任務を遂行する代わりにヒーローを指揮官として復帰させるようを願うK-12部隊のトゥルーパーズの意を汲み、リコはそれを認める。やがて完全な停止状態にあるジョン・A・ウォーデン号を発見するが、応答はなく、艦内は静まり返っていた。電気系統も止まっている艦内へ足を踏み入れると、そこには激しい戦闘の爪痕が残っていた。積荷室でカールを発見したものの、カールは激しく怯えており、灯りはつけないように言う。しかし別版が電気系統を復旧させてしまい、閉ざされていた隔壁が一斉に開いてバグの大群が艦内へとなだれ込む。熾烈な戦闘を繰り広げる中、ジョン・A・ウォーデン号が何者かによりコントロールされ、アレジア号を撃沈する。ヒーローやカルメンたちはバグがひしめくウォーデン号に残るしかないが、制御が失われたままのウォーデン号は地球へと向かっていた。そしてこれが、地球の命運を分ける争いへと発展することになる……。

満足度3.13
ストーリー
2.67
オリジナリティ
2.50
作画
4.33
演出
3.00
キャラクター
4.17
声優
4.00
音楽
4.00
4.50

ヒトコト (4)

  • たくあん

    オフィシャルサイト見ました。シリーズ最高傑作になることを期待してます。

    たくあん 2012-07-24 00:55:26
  • 鈴蘭

    トークショーの時の、荒牧監督のきらきらした笑顔と宮武さんにパワードスーツの感想を聞いた時、リコGOOD!って言われた時の御顔が素敵過ぎて、忘れられないw凄い、少年のような純粋さを感じました。物語はもう一度観たい…けど、バイオハザードみたいなの苦手な私にはちと、つらい…かも…

    鈴蘭 2012-07-21 00:17:57
  • 猫の盆踊り

    原作レイプだと思う。 普通に別タイトルで作れば良かったのに。

    猫の盆踊り 2012-07-04 14:50:18
  • KOH-ICHI

    映画第一作目の故ベイジル・ポールドゥリスが手がけた音楽、特に最高に勇ましい曲調の機動歩兵のテーマ曲が素晴しくてサントラも買ったが、本作の音楽もどのようになっているのか非常に気になる所。未だに本作のサントラのリリース情報が無いのが映画音楽ファンとして非常に寂しい。

    KOH-ICHI 2012-07-01 22:48:02

評価レビュー(4)

作品詳細

原作/原案 原作:ロバート・A・ハインライン「宇宙の戦士」 制作国 アメリカ
主題歌 【ED】BOOM BOOM SATELLITES「ANOTHER PERFECT DAY」
公式サイト http://www.ssti.jp/