銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲

アニメ映画
開始時期:
1994年冬
上映開始日:
1993年12月18日
制作会社:
-
ジャンル:
SF
声優:
堀川りょう富山敬、広中雅志、潘恵子田中秀幸小山茉美屋良有作
スタッフ:
監督:清水恵蔵、脚本:河中志摩夫、絵コンテ:前島健一/羽生頼仙、演出:前島健一、作画監督・キャラクター設定:池田裕治、メカニックコンセプト:加藤直之、プロデューサー:菊川幸夫/横尾道男/田原正利/鈴木洋治、製作:徳間書店、製作:徳間ジャパンコミュニケーションズ、製作:サントリー

宇宙暦486年。第四次ティアマト会戦から帰還したヤンは、士官学校時代からの親友、ラップに出迎えられた。ラップは、ヤンと共通の友人であり、それぞれが憧憬を抱いている女性、ジェシカへ求婚することを決めた、と告げる。自らの思いを隠し、ラップたちを祝福するヤン。 一方、第四次ティアマト会戦で大きな武勲を挙げたラインハルトは上級大将に昇進した。帝都オーディンで久しぶりに弟と再会した姉、アンネローゼは出世の階段を駆け上がる弟を危惧する。果たして軍上層部は、次に予定される同盟への進攻作戦を前に、ラインハルトのもとからミッターマイヤー、ロイエンタールなど有能な幕僚を転属させ、代わりにシュターデン、エルラッハなど、いかにも使えない人物を配した。また、ラインハルトの栄達を苦々しく感じていたブラウンシュヴァイク公は、フェザーンを経由して、同盟軍に帝国軍の同盟領進攻作戦をリークする。 「帝国軍来寇近し」との情報を得た同盟軍は、帝国軍の動員兵力の2倍となる兵力を編成し、同盟領外縁部で、これを捕捉撃滅しようと試みる。かつて自由惑星同盟軍が帝国軍の艦隊を完膚なきまでに打ち破った会戦、「ダゴンの殲滅戦」を再現しようというものであった。 結婚式を前に、第六艦隊司令部幕僚として戦場に赴くラップ。第二艦隊への配属が決まったヤンは、司令官パエッタ中将に疎まれつつも、予想される局面への対策を練っていた。 そして、遂にアスターテ星域での会戦が始まる。帝国軍を包囲殲滅するどころか、各個撃破戦術の好餌となり、次々に爆発四散する同盟軍艦隊。ラップの乗る第六艦隊旗艦ペルガモンにも帝国軍の砲火が迫る。そして……。

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

動画配信

※価格は変動する可能性があります。詳細は各サイトでご確認ください。

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

作品詳細

原作/原案 原作:田中芳樹、キャラクター原案:奥田万つ里/本木久年/久米一成 制作国 日本
公式サイト http://www.ginei.jp/index.htm
最近チェックされたアニメ