オズマ

テレビアニメ
開始時期:
2012年春
放送日:
2012年3月16日~2012年4月20日
制作会社:
ランドック・スタジオ
ジャンル:
SF
声優:
柿原徹也田中理恵藤村歩田中敦子速水奨黒田崇矢、藤沼健人、雨蘭咲木子、堀江一眞小林由美子、中國卓郎、桜井敏治、たてかべ和也
スタッフ:
総監督:高橋良輔、監督:池添隆博、総設定・デザイン:松本零士、脚本:武上純希、デザイン協力:結城信輝、メカデザイン:松本秀幸、音楽:山下康介、企画:WOWOW、企画・制作:プラネットエンターテイメント、制作:イクイティピクチャーズ・ジャパン

荒廃した未来の地球。全地球を覆い尽くす砂の海―太陽の異常活動が大気の層を破壊し、地球上の生態系に大きな異変が起こっていた。人類においては、DNA破壊により、世界各地で出生率が劇的に低下する等の異常が発生。時の政府は地球規模の「人類再生計画」を実行し、優秀な能力を保有するIC(アイディアル・チルドレン)というクローンを造り上げ、やがて、ICの統治による巨大な組織体を形成していったのだった。サム・コインは、砂賊船バルダノスを使い砂漠で交易を営む「砂賊」の一員だ。サムは今日も二人乗りの浮遊式砂上機フルクフィッシュを操り、兄の仇である謎の移動物体「オズマ」を追い求めていた。そんなサムはある日、ICが組織する軍隊「シーシアス」の砂上駆逐艦に追われている砂上ヨットを操る美しい女性マヤに遭遇する。サムは、愛機フルクフィッシュを巧みに駆り、シーシアスの砂上駆逐艦の攻撃からマヤを救出し、砂賊達のオアシス・オアーゼ港に停泊する砂賊船バルダノスに連れて帰った。しかし、甲板の上まで鳴り響く銃声とともに、砂賊船バルダノスはあっという間に圧倒的な戦力を誇るシーシアスの砂上駆逐艦に包囲されてしまう。抗う間もなく駆逐艦の照準がバルダノスに向けられた…。マヤはいったい何者なのか。マヤとICに隠された謎とは。そして、謎の超巨大移動物体「オズマ」の正体とは。広大な砂の海を舞台に、サムとマヤの壮大な物語が始まる。

満足度2.75
ストーリー
3.00
オリジナリティ
3.25
作画
3.25
演出
2.75
キャラクター
2.75
声優
3.50
音楽
3.00
2.75

ヒトコト (4)

  • あにめい太

    今週で最終回だって? 全6回とはけっこう短かったなあ。

    あにめい太 2012-04-19 17:41:28
  • あにめい太

    この回は、ストーリー的にはまさに「Uボート」そのもの。こういうところも松本零士っぽいけどね。 #2

    あにめい太 2012-03-24 12:09:36
  • あにめい太

    WOWOWの再放送で見られました! 今の時代に松本零士ならではのキャラクターや世界観はやや違和感もありつつ、旧来のファンであれば非常に楽しく見られるのでは?と思いました。古臭い感じも確かにあるけど、巨大戦艦、フロンティアという松本ワールドの魅力たっぷり。次回も絶対チェックします! #1

    あにめい太 2012-03-23 11:45:09
  • あにめい太

    第一話、見逃した-!! と思ったら、WOWOWプライムで3/22 22:20から放映するって!よかったー。絶対チェック! #1

    あにめい太 2012-03-21 20:24:35

評価レビュー(2)

  • あにめい太

    3.0全6回では消化不良・・

    生粋の松本零士アニメということで期待して見ました。もちろん、今のアニメとして見てはいけません。松本ワールド特有のクセはあるので、そこファンとしてはさっ引いて見ましたが(キャラクターの顔がワンパターン、メカとしての挙動がお...>>続きを見る

    あにめい太 2012-04-22 00:58:59 コメント(0) いいね(0)
  • さるぼぼ

    2.5良作になり損ねた松本アニメ

    【全話感想】全話通した感想は、古い原作なのをふまえても残念。前半は、昭和なSF作品として意外に面白く期待できたのですが、終盤の展開が急ぎすぎ、超展開でナウシカっぽくなってました。1クールでオリジナルを入れてでも、丁寧なス...>>続きを見る

    さるぼぼ 2012-04-21 13:21:49 コメント(1) いいね(1)

作品詳細

原作/原案 原作:松本零士 制作国 日本
主題歌 【OP】FTISLAN「everland」
【ED】城南海「ウタゴエ」
公式サイト http://ozuma.jp/