フランダースの犬

テレビアニメ
開始時期:
1975年冬
放送日:
1975年1月5日~1975年12月28日
制作会社:
日本アニメーション
ジャンル:
ファミリー
声優:
喜多道枝、一龍斎春水、桂玲子、及川ヒロオ、大木民夫、中西妙子、駒村クリ子、菅谷政子
スタッフ:
脚本:中西隆三/加瀬高之/伊東恒久/雪室俊一/佐藤道雄/安藤豊弘/高山由紀子/松島昭/吉田義昭、音楽:渡辺岳夫、場面設定:坂井俊一、キャラクターデザイン:森康二、絵コンテ:奥田誠治/富野喜幸/黒田昌郎/山崎修二/斧谷稔、作画監督:岡田敏靖/羽根章悦、美術監督:伊藤主計、撮影監督:黒木敬七、録音監督:佐藤敏夫/浦上靖夫、色指定・検査 :保田道世、動画チェック:前田英美、プロデューサー:中島順三/松土隆二、演出:黒田昌郎

ベルギーのアントワープ近くの小さな村――。 心やさしい少年ネロは、画家になることを夢見ながら、おじいさんと愛犬パトラッシュ、そして幼なじみのアロアや友だちに囲まれて、貧しいながらも幸せな日々を送っていました。ところが、そんなネロに次々と不幸がおそいかかります。おじいさんの死、風車小屋への放火のうたがい、絵画コンクールの落選……。そしてクリスマスの夜――すべてを失ったネロがたどりついた場所は、あこがれ続けていたルーベンスの絵がある大聖堂だったのです……。

満足度3.67
ストーリー
4.33
オリジナリティ
4.33
作画
4.17
演出
4.33
キャラクター
4.33
声優
4.17
音楽
4.17
4.33

ヒトコト (2)

評価レビュー(3)

  • arthursoccer

    4.5泣けました

    純粋な少年のネロと、忠犬のパトラッシュの心温まるストーリー。ラストは泣けました。フランダースの犬は本で読んで内容を知っていても、何度見ても泣けてしまいますね。とても感動する作品で子供たちにはぜひ見てほしいです。

    arthursoccer 2014-08-09 07:22:01 コメント(0) いいね(0)
  • cocorolo

    3.5涙のラストシーンは胸に残る。

    テレビでアニメの特番があると必ずといっていいほど紹介され、出演者の女子達がハンカチで目を押さえるアニメである。少年ネロの境遇が可哀想でならなかったし、彼の側にいつも寄り添うようにいるパトラッシュの健気な姿が印象的だった。...>>続きを見る

    cocorolo 2014-08-05 19:27:12 コメント(0) いいね(0)
  • neko

    3.0また見たくなるアニメです

    最後のシーンは何度見ても泣いてしまいます。パトラッシュがいてくれて本当によかったと思います。みるたびに名作だなと思ってしまいます。こんなにいい子がなぜと思う方が多いのではないでしょうか。泣いてしまうけどまた見たくなるアニ...>>続きを見る

    neko 2014-08-04 09:58:44 コメント(0) いいね(0)

関連ニュース

「世界名作劇場オープニング集4Kリマスタリング」、12月13日に放送! 日本初のセルアニメ4Kリマスター番組

「世界名作劇場オープニング集4Kリマスタリング」、12月13日に放送! 日本初のセルアニメ4Kリマスター番組 2015-11-11

「世界名作劇場オープニング集4Kリマスタリング」の放送が決定した。これは、日本アニメーション40周年記念番組としてスカパー!が放送する番組。日アニの代名詞である「世界名作劇場」シリーズより、「フラ... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作:ウィーダ(ルイズ・ド・ラ・ラメー) 制作国 日本
主題歌 【OP】大杉久美子/アントワープ・チルドレン・コーラス「よあけのみち」
【ED】大杉久美子「どこまでもあるこうね」