りーるさんの評価レビュー

»一覧へ

ブーグに少し脚光が

観賞手段:ビデオ/DVD
前作に比べて、主人公であるクマのブーグが少し脚光を浴びています。
舞台はサーカス団となり、無理矢理にでもクマが主人公となれる舞台を用意しています。

とはいえ、1作目で大人気となった犬のウィンナー。2作目で大人気となったチワワといった面々も登場し、
彼らによって3作目の制作ができたのでは?と思わせるほど、やはり存在感は圧倒的です。

シリーズを通して鑑賞してきた方なら、引き続きそのノリに楽しめると思います。
りーる
りーる
ストーリー
-
作画
-
キャラクター
-
音楽
-
オリジナリティ
-
演出
-
声優
-
-
満足度 3.0
いいね(0) 2014-08-09 12:55:20

ログイン/会員登録をしてコメントしよう!