マルドゥック・スクランブル 燃焼

アニメ映画
開始時期:
2011年秋
上映開始日:
2011年9月3日
制作会社:
GoHands
ジャンル:
SF
声優:
林原めぐみ、八嶋智人、東地宏樹中井和哉磯部勉若本規夫小林由美子浪川大輔、有本欽隆、勝田晶子、藤田淑子土師孝也
スタッフ:
監督:工藤進、コンセプトデザイン:菊田幸一、キャラクターデザイン・総作画監督:鈴木信吾/中井準、メカ・銃器デザイン:大久保宏、色彩設計:海鉾重信、美術設定:塩澤良憲、美術監督:野村正信、撮影監督:福士享、音響監督:三間雅文、音響制作:テクノサウンド、音楽:Conisch、音楽制作:スターチャイルドレコード

賭博師シェルの犯罪に巻き込まれた少女娼婦バロットと、委任事件担当官のネズミにして万能兵器のウフコック。 その眼前に、かつてウフコックを濫用して殺戮の限りを尽くした男ボイルドが立ち塞がる…。 息絶え絶えのウフコックを連れてドクターが訪れた先は「楽園」だった。 そこは学術的に命の研究を行う実験施設。 「楽園」の技術で一命を繋ぎ止めたバロットは、ウフコックを探し回る中、施設を作り上げた3博士のひとりフェイスマンと出会い、「楽園」の“過去”を知ることとなる。 「楽園」の技術でウフコックは生き返り、バロットはウフコックへ「濫用」したことを謝る。 ウフコックは逆に、自分の力不足でバロットを危ない目にあわせてしまったことを謝罪。 二人の絆はさらに強まった。 シェルの移し替えられた記憶は、シェルが経営するカジノの百万ドルチップの中に隠されていることが判明した。 バロットはシェルの罪状を白日の下に晒すため、チップを手に入れることを決意する。 ドクターの猛特訓によって、カジノにおけるゲームの本質的な勝ち方を学ぶバロット。 カジノへ乗り込み順調に資金を増やしていくが、ルーレット台にたどり着いた彼女の前に、伝説の女性スピナー、ベル・ウィングが立ち塞がる!!

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

関連ニュース

林原めぐみ、冲方丁の印象は「信用できない人(笑)」!  イベント「冲方サミット大忘年会SP」でのガチ対談にて

林原めぐみ、冲方丁の印象は「信用できない人(笑)」! イベント「冲方サミット大忘年会SP」でのガチ対談にて 2013-12-09

「冲方サミット大忘年会SP presented by WOWOW」が12月7日にBENOA銀座で開催された。林原めぐみ、「マルドゥック・スクランブル」について原作者・冲方丁とガチトーク! 12月7... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 原作・脚本:冲方丁(早川書房 ハヤカワ文庫JA) 制作国 日本
公式サイト http://m-scramble.jp/combustion/