薔薇王の葬列

テレビアニメ

「薔薇王の葬列」は、菅野文さんが月刊プリンセス(秋田書店刊)にて2013年より連載中のマンガ。シェイクスピアの史劇「ヘンリー六世」「リチャード三世」を原案とするダークファンタジー作品だ。TVアニメの監督は鈴木健太郎さん(「殺戮の天使」監督ほか)、アニメーション制作はJ.C.STAFF(「劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-」ほか)が担当する。

開始時期:
2022年冬
放送日:
2022年1月9日~2022年6月26日
制作会社:
J.C.STAFF
ジャンル:
ファンタジー / 歴史・戦記
声優:
斎賀みつき緑川光速水奨鳥海浩輔内匠靖明三上哲日野聡大原さやか天﨑滉平大塚芳忠
スタッフ:
監督:鈴木健太郎、シリーズ構成・脚本:内田裕基、キャラクターデザイン:橋詰力、美術監督:泉健太郎、色彩設計:店橋真弓、撮影監督:高橋昭裕、音響監督:岩浪美和、音楽:大谷幸、音楽制作:ランティス

中世イングランド。 ヨーク家とランカスター家が王位争奪を繰り返す薔薇戦争時代。 ヨーク家の三男として生まれたリチャードは、母からは「悪魔の子」と疎まれる一方、 同じ名を持つ父からは真っ直ぐな愛情を受けて育っていた。 リチャードの願いは、この世の光である父・ヨーク公爵が王位に就くこと。 だがリチャードの純粋な願いは、イングランドに戦乱の嵐を招くことになる。 さらにリチャードは、男女2つの性を持って生まれたという秘密があった。 誰にも明かせぬ秘密を胸に秘めたまま、リチャードもまた戦いの渦中に巻き込まれていく。 そこで待つのは、彼を愛する人たちとのかけがえのない時間と決定的な別離。 痛ましくも美しい邂逅と別離が、「悪」への道へとリチャードを誘っていく――。

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-
  • タグ編集

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

作品詳細

原作/原案 原作:菅野文『薔薇王の葬列』(秋田書店「月刊プリンセス」連載) 制作国 日本
主題歌 【OP】古川慎「我、薔薇に淫す」、古川 慎「荊棘輪舞曲」
【ED】ZAQ「悪夢」、Nowlu「螺旋」
公式サイト https://baraou-anime.com/