耳をすませば

アニメ映画

「りぼん」(集英社)に連載された同名コミック(作:柊あおい)をスタジオジブリがアニメ映画化。幾度となくテレビで再放送されているが、毎回高い視聴率を獲得している名作。本好きの中学3年生・雫とヴァイオリン職人を目指す同級生・聖司の純粋な恋を描く。2人で過ごす時間の中で少しずつ距離を縮める様子、夢に向かってひたむきに頑張る姿は、まさに青春。劇中で雫が日本語詞で歌う名曲「カントリー・ロード」や、クライマックスでの聖司のプロポーズは、世代を超えて感動を呼んでいる。

開始時期:
1995年夏
上映開始日:
1995年7月15日
制作会社:
スタジオジブリ
ジャンル:
恋愛
声優:
本名陽子、高橋一生、立花隆、室井滋、露口茂、小林桂樹
スタッフ:
監督:近藤喜文、製作プロデューサー・絵コンテ・脚本:宮崎駿、プロデューサー:鈴木敏夫、作画監督:高坂希太郎、美術監督:黒田聡、キャラクター色彩設計:保田道世、「バロンのくれた物語」美術:井上直久「イバラード博物誌」より、音楽:野見祐二

月島雫は、明るく読書好きな女の子。中学3年になって、周りは皆受験勉強で一生懸命なのに、いつも学校の図書館や市立図書館で本を読みふけっていた。雫はある日、図書館の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前を発見する。雫が読む本には必ずといっていいほどその名前があった。やがて、雫はひとりの少年と出会う。中学を卒業したらイタリアへ渡って、ヴァイオリン職人の修行をしようと決意している少年。その少年こそ「天沢聖司」であった。雫は聖司にひかれながら、進路も将来も自分の才能にもすべてがあいまいな自分へのコンプレックスと焦りに引き裂かれていた。やがて、雫は聖司の生き方に強く心を動かされ、聖司の祖父・西老人が経営する不思議なアンティークショップ「地球屋」にあった猫人形「バロン」を主人公にした物語を書き始めるのだった…。

満足度4.00
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (3)

評価レビュー(3)

  • nemuiyone

    4.0大人になってからは

    大人になってから見ると、気恥ずかしさのほうが大きくなる気がします。中学生あたりが最適年齢のように感じます。特に女子中学生向きではないでしょうか。図書館のシーンが一番印象に残っています。カントリーロードの日本語詞はちょっと...>>続きを見る

    nemuiyone 2014-08-09 11:08:01 コメント(0) いいね(0)
  • きぐん

    4.0面白い作品

    凄い好きな作品でしたが、年々恥ずかしくて見れなくなっていくのが分かるほど、作品の出来が素晴らしい作品だったと思います。声優さんの演技がとても素敵で見ごたえのある作品でした。

    きぐん 2014-08-06 01:49:28 コメント(0) いいね(0)
  • はちえる

    4.0恥ずかしいけどキュンとする甘酸っぱさ

    青春時代の恋愛と夢を思い出します。ヴァイオリン職人を選ぶ子はなかなかいないでしょうが・・・。雫の感情豊かなところと、クールでありながら熱くなると突っ走る感じの天澤くんがとてもお似合いです。三角関係や、周りの冷やかし、勢い...>>続きを見る

    はちえる 2014-08-03 20:57:35 コメント(0) いいね(0)

作品詳細

原作/原案 原作:柊あおい(集英社刊) 制作国 日本
主題歌 【ED】本名陽子「カントリーロード」
公式サイト http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=247&pid=30000000002709