にゅまさんさんの評価レビュー

»一覧へ

リリカルからの世代交代 #vivid_strike

観賞手段:テレビ
「魔法少女リリカルなのは」からのスピンオフ作品と言う事だが、前作「魔法少女リリカルなのはViVid」が続編を前提とした未完状態で終了し、今作が同世界を舞台としながら時間軸が1年後に飛んでいること、作中に「リリカルなのは」主要キャラの登場を明らかに避けていることなど、製作委員会の一員でありソフト販売元でもあるキングレコードからの田村ゆかり移籍による御家事情が透けて見えるのが残念である。

 本作はなのはシリーズの初心に立ち返った「全力で闘う事で結ばれる少女達の友情物語」であるが、「物語の規模は世界に危機をもたらす魔道事件」から「格闘技による個人の救済」にスケールダウンした分、コンパクトにまとまり良い展開なった。
 キャラクターデザインのタッチに似合わぬ殺伐としたエピソードのミスマッチ感があったが、後半の両主人公の対決にあたっては作画に注力して違和感なく盛り上げられた。
 ただし新キャラの主人公二人に対して「ViVid」からの継続登場キャラの描写が薄く、登場に唐突感があるのも否めない。また「ViVid」以後の状況変更の説明の無さもまた、前述の旧機動六課勢の不自然なカットと合わせ、不親切な点は感じられる。

 そんな欠点も有るが、しかし主人公二人の最終対決にはそれらを挽回するに足る熱量あふれるアクションが展開され、達成感の有る大団円を迎えた。
 恐らく次の映画にて旧機動六課勢とは別れることになるのだろうが、シリーズの魂を受け継ぐ次世代が生まれた事による今後の期待も生まれたと思う。
にゅまさん
にゅまさん
ストーリー
4.5
作画
4.0
キャラクター
4.0
音楽
3.5
オリジナリティ
4.5
演出
4.5
声優
4.5
4.5
満足度 4.0
いいね(0) 2017-01-04 08:42:16

ログイン/会員登録をしてコメントしよう!

コメント 3件
Taito
Taito
[2017-03-12 17:38:01]
>背後の思惑
まあそういう事情も関係するかも知れませんが、アニメ版ViVidは制作会社も別ですし、飽くまで漫画のアニメ化作品であり、シリーズの正統は漫画ViVidだと思っているので、私は気にしません。むしろアニメ版ViVidと無関係にViVid Strike!を作ってくれたことを評価してます。
にゅまさん
にゅまさん
[2017-03-02 00:17:52]
いえそう言うことではなく、「VIVIDの続きがアニメ化されずにStrike!に飛んだ事自体が、背後の思惑が透けて見える」ということです。
Taito
Taito
[2017-01-22 17:13:22]
こんにちは。アニメ版リリカルなのはViVidは半端で止まってますが、そもそもあれは漫画のアニメ化作品なので、原作漫画のリリカルなのはViVidを読んでいればViVid Strike!までに何があったかは大体分かりますよ。
最近チェックされたアニメ